Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

1960年の分析

A・ドーク・バーネット氏の、1960年に出版された書籍から引用しました。

Communist China And Asia Challenge To American Policy : Internet Archive

機械翻訳を利用した個人的な翻訳です。誤訳の責めは負いかねます。

 

(255ページ)

Ever since the Chinese Communists came to power in 1949, they have regarded Japan as a major target in their efforts to expand Communist influence in Asia. [...] Japan in the Far East, like Germany in Central Europe, occupies a key position and represents a major obstacle to the spread of communism.

1949年に権力を掌握して以来、中国共産党は、アジアに共産主義の影響を拡大するための努力の中、日本を主要なターゲットとみなしてきた。(中略)中欧のドイツのように、日本は極東で重要な地位を占めており、共産主義の普及の大きな障害となっている。

 

(287ページ)

The decline of Chinese influence in Northeast Asia brought little gain to the Koreans, however, for both Russia and Japan competed to replace China as the dominant power. At the end of the Sino-Japanese War of 1894-1895 Japan compelled China to recognize Korea's complete independence. Ten years later, after the Russo-Japanese War, it forced the Russians to acknowledge Japan's "paramount political, military, and economic interests" in Korea, and, with their hands freed by this double victory, the Japanese first established a protectorate over the peninsula and then finally annexed it in 1910.

 

中国の北東アジアにおける影響力の低下は、韓国人にはほとんど利益をもたらさなかったが、ロシアと日本は支配的な権力として中国に取って代わろうと競争した。1894-1895年の日清戦争終結後、日本は中国に韓国の完全な独立を認めさせた。10年後の日露戦争後、日本は韓国における「政治的、軍事的、経済的優越権」をロシア認めさせ、この2回の戦勝によって自由になった日本は、まず半島を保護領とし、そして結局1910年に併合した。

 

(297ページ)

With the notable exception of Thailand, the entire area was dominated by Western colonialism until World War II. Then Southeast Asia was conquered by Japan, and the Japanese occupation helped to shatter the structure of Western colonial power, giving added impetus to the growing strength of anticolonialism and nationalism. By the end of the war nationalism had become the dominant political force in South and Southeast Asia, and within a very few years after the war most of the nations in the region had achieved their independence, leaving only a few pockets of colonial rule.

 

タイを重要な例外として、第二次世界大戦までは全域が西洋の植民地主義に支配されていた。東南アジアは日本に征服され、日本の占領は西洋植民地統治の構造の打破に役立ち、反植民地主義ナショナリズムの高まりに拍車をかけた。終戦までに、南・東南アジアではナショナリズムは支配的な政治力となっていた。戦後数年のうちに大部分の国家は独立を達成し、植民地統治はわずかな地域にだけ残っている。

 

広告を非表示にする

合衆国とソビエト

ベンジャミン・ギトロウ(アメリカ共産党の創立メンバー)

As far back as 1927, when I was in Moscow, the attitude toward the United States in the event of war was discussed. Privately, it was the opinion of all the Russian leaders to whom I spoke that the rivalry between the United States and Japan must actually break out into war between these two. The Russians were hopeful that the war would break out soon, because that would greatly secure the safety of Russia's Siberian borders and would so weaken Japan that Russia would no longer have to fear an attack from her in the East. Stalin hopes through the activities of the American Communist Party to create a public opinion in the United States that would favor a war, presumably in the defense of democracy against the encroachment of Fascism, but actually against Japan.

I confess; the truth about American communism : Internet Archive(485ページ)

 

私がモスクワにいた1927年、戦争に関して合衆国に対する姿勢について議論が行われた。個人的に、私が対話したソヴェトの指導者はみな、米国と日本は実際に戦争に突入しなければならないと考えていた。ロシア人は、戦争がすぐに始まることを希望していた。というのも、それによってロシア・シベリアの境界の安全保障が大きく改善するからであり、日本が弱体化され、ロシアはもはや東側からの攻撃を恐れる心配が不要になるからであった。スターリンの希望は、米国共産主義者の活動を通じて、米国内に、ファシズムの侵略から―実際的には日本のファシズムから―民主主義を守るためにとの大義名分のもとで好戦的な世論が形成されることであった。

(ネット上にあった翻訳をお借りしました)

 

 

ウィリアム・C・ブリット(駐ソ連大使)1935年7月19日

It is, of course, the heartiest hope of the Soviet Government that the United States will become involved in a war with Japan. […] The Soviet Union would certainly attempt to avoid becoming an ally until Japan had been thoroughly defeated and would then merely use the opportunity to acquire Manchuria and Sovietize China.

The final conviction of the leaders of the Soviet Union with regard to the war they desire so ardently between the United States and Japan is that Japan would be defeated, that a Communist Government would then be set up in Japan, and Japan and the Soviet Union would then move happily hand in hand to establish communism in China.

Foreign relations of the United States.... | Hathi Trust Digital Library(227ページ)

 

(拙訳。参考として)

もちろん、合衆国が日本との戦争に関与するようになることが、ソビエト政府の心からの希望だ。(中略)ソビエトは、日本が徹底的に敗北するまで、間違いなく同盟国になることを避けようとするだろうし、そして単に満州を獲得し、中国を共産化する機会を利用するだけであろう。

ソビエトの指導者は日米間の戦争を熱烈に望んでおり、日本が敗北するであろうこと、共産党政権が日本に設立されることに最終的な信念がある。そして日本とソビエトが、中国に共産主義を確立するために、うまく手を携えていくであろう。

 

 

ジョージ・ブロンソン・リー

It is no secret that thousands of young Chinese and other Oriental youths of both sexes have been turned out of Communist universities in Moscow and sent back home to conspire against their governments. The open campaign to bring all China under the rule of Moscow had been waged under the spotlight of publicity; subversive and disruptive forces have overturned established governments in many lands; yet with the evidence before its eyes, the world has condemned Japan for defending her institutions and existence against this menace.

The case for Manchoukuo | Hathi Trust Digital Library(332ページ)

 

中国全土をモスクワの支配下に置こうというあからさまな運動が、世界の注目を集める中で遂行されている。多くの国で、破壊分子がその既存政府を力で転覆させている。しかしこうした証拠が目の前にあるのに、世界はこの脅威に対抗して国の体制と存立を守ろうとする日本を非難するのだ。

(訳は、田中秀雄『満洲国建国の正当性を弁護する』p373-374より一部を抜粋)

 

 

広告を非表示にする

さらなる輸出規制の影響

機械翻訳を利用した個人的な翻訳です。誤訳の責めは負いかねます。

 

The Director of the War Plans Division of the Navy Department (Turner) to the Chief of Naval Operations (Stark)

海軍戦争計画部長(ターナー)から海軍作戦部長(スターク)

Washington, July 19, 1941.

 

5.Effect of Further Restrictions on Exports.

さらなる輸出規制の影響

 

(b) It is generally believed that shutting off the American supply petroleum will lead promptly to an invasion of the Netherlands East Indies. While probable, this is not necessarily a sure immediate result. Japan doubtless knows that wells and machinery probably would be destroyed. If then engaged in war in Siberia, the necessary force for southward adventures might not be immediately available. Furthermore, Japan has oil stocks for about eighteen months' war operations. Export restrictions of oil by the United States should be accompanied by similar restrictions by the British and Dutch.

 

アメリカの石油供給の停止は、即座に蘭領東インドの侵略につながると一般に信じられている。可能性はあるが、これは必ずしも確実な直接の結果ではない。日本は井戸(油井)や機械類がおそらく破壊されるであろうことを疑いなく知っている。もしシベリアで戦争に携わった場合には、南方の冒険に必要な軍事力はすぐには得られないかもしれない。さらに日本には戦争活動のための約18ヶ月分の石油貯蔵がある。アメリカによる石油の輸出制限には、英国とオランダによる類似した規制が付随すべきである。

 

(e) An embargo on exports will have an immediate severe psychological reaction in Japan against the United States. It is almost certain to intensify the determination of those now in power to continue their present course. Furthermore, it seems certain that, if Japan should then take military measures against the British and Dutch, she would also include military action against the Philippines, which would immediately involve us in a Pacific war. Whether or not such action will be taken immediately will doubtless depend on Japan's situation at that time with respect to Siberia.

 

輸出禁止措置は、アメリカに対する深刻な心理的反応を、日本に直ちにもたらすだろう。現在の方針を継続するため、現在政権にある人々の決意を強化することはほぼ確実だ。そして、確実と思われることは・・日本が英国とオランダに対して軍事的措置を講じるならば、フィリピンに対する軍事行動も含まれるだろう。そして我々は直ちに太平洋戦争に巻き込まれることになるだろう。このような行動が即座に取られるかどうかは、シベリアに対するその時の日本の状況に左右されることは間違いない。

 

Foreign Relations Of The United States 1941 Volume Iv : Internet Archive(839ページ)

または

https://www.mtholyoke.edu/acad/intrel/japemb.htm(テキスト)

 

 

マクマリー・メモランダム

アルバート・ウェデマイヤー

For instance, Professor Nicholas Spykman of Yale wrote in a book published shortly after Pearl Harbor (Americas Strategy in World Politics: The United States and the Balance of Power) that the annihilation of Germany and Japan would open Europe to Soviet domination and observed: "A russian state from the Urals to the North Sea can be great improvement over a German State from the North Sea to the Urals.

Wedemeyer reports | Hathi Trust Digital Library(6ページ)

 

例えば、エール大学のニコラス・スパイクマン教授は、(中略)著書のなかで「ドイツと日本を抹殺することはヨーロッパ大陸ソ連の支配にまかすことになるだろう」といい、「ウラル山脈から北海までのソ連は、北海からウラルに広がるドイツに比べて、大きな改善とは成り得ない」と述べている。

(妹尾作太男『第二次大戦に勝者なし』上巻 p.36)

 

 

ジョン・アントワープ・マクマリー

To oppose the Japanese domination of China and actively take all available means and occasions to frustrate it ... would, if pursued consistently and determinedly, almost inevitably mean war with Japan ... Such a war would be a major misfortune for us, even assuming our victory ... It would be a hideously long and costly process ... Even the elimination of Japan, if it were possible, would be no blessing to the Far East or to the world. It would merely create a new set of stresses, and substitute for Japan the USSR as the successor of Imperial Russia as a contestant (and at least an equally unscrupulous and dangerous one) for mastery of the East. Nobody except perhaps Russia would gain from our victory in such a war.

John Van Antwerp MacMurray - Wikipedia

 

日本の徹底的敗北は、極東にも世界にも何の恩恵にはならないだろう。それは単に、一連の新しい緊張を生むだけであり、ロシア帝国の後継者たるソ連が、日本に代わって極東支配のための敵対者として現れることを促すことにすぎないだろう。ソ連はすくなくとも日本とおなじように破廉恥で、無節操で危険な相手である。こんな戦争でアメリカが勝ったとしても、その成果は恐らくソ連が独占してしまうことになる。

北岡伸一(監訳)衣川宏(訳)『平和はいかに失われたか』)

 

 

ラルフ・タウンゼント

Defeat of Japan would invite domination of China by the Soviet Union, for the clash in Asia is not nearly so much between China and Japan as between Japan and the Soviet Union.

From what I have seen of Soviet practices, and from what I have seen of Japanese practices, I must say that I should regard Soviet domination in Asia far more disastrous for China than Japanese domination, and far worse for America and for the world.

Seeking foreign trouble | Hathi Trust Digital Library(18-19ページ)

 

もし日本が敗れたら、中国はソ連のものになるだろう。なぜなら、あの戦争は「日・中戦争」というより「日・露戦争」に近いからである。日本が勝ってアジアを支配するか、ソビエトが勝ってアジアを支配するか、二つのうちどっちが中国にとって悲惨か。日ソ両国の動きを見て来た者の一人として言わせてもらえば、「ソ連支配の方がはるかに悲惨である」と言わざるを得ない。中国にとってだけではない。アメリカにも、いや、世界中にとってもそうである。

(田中秀雄 (翻訳)先田賢紀智 (翻訳)『アメリカはアジアに介入するな!』p.208)

 

 

特別攻撃隊

米国戦略爆撃調査団 - Summary report (Pacific war) 

From October, 1944, to the end of the Okinawa campaign, the Japanese flew 2,550 Kamikaze missions, of which 475, or 18.6 percent were effective in securing hits or damaging near misses. Warships of all types were damaged, including 12 aircraft carriers, 15 battleships, and 16 light and escort carriers. However, no ship larger than an escort carrier was sunk. Approximately 45 vessels were sunk, the bulk of which were destroyers. The Japanese were misled by their own inflated claims of heavy ships sunk, and ignored the advice of their technicians that a heavier explosive head was required to sink large ships. To the United States the losses actually sustained were serious, and caused great concern. Two thousand B-29 sorties were diverted from direct attacks on Japanese cities and industries to striking Kamikaze air fields in Kyushu. Had the Japanese been able to sustain an attack of greater power and concentration they might have been able to cause us to withdraw or to revise our strategic plans.

Summary report (Pacific war) Washington,... | Hathi Trust Digital Library(10ページ)

 

1944年10月から沖縄戦の終了まで、日本は2550機の神風攻撃を行い、475機18.6%が 確実な戦果を上げている。全艦種に被害が出ていて、12隻の空母、15隻の戦艦、16隻の護衛空母を含んでいる。護衛空母より大きい軍艦は沈んではいない。約45隻の軍艦が沈んでいる。 大半が駆逐艦である。日本軍は大型艦が沈んだとする自らの誇張された主張に欺かれ、技術者が大型弾頭が必要だとアドバイスをしても無視した。アメリカが被った実際の被害は深刻であり、極めて憂慮すべき事態となった。延べ2000機のB29が、日本の都市と産業への直接攻撃から、 九州のカミカゼ基地の攻撃に転用された。日本がより大きな打撃力で集中的な攻撃を持続し得たなら、我々の戦略計画を撤回若しくは変更させ得たかもしれない。

(ネットで見かけた翻訳文に若干の修正を加えました)

 

 

米国戦略爆撃調査団 - Japanese Air Power

The suicide plane was by far the most effective weapon devised by the Japanese for use against surface vessels. Over a period of only 10 months of the 44-month war, suicide planes accounted for 48.1 percent of all United States warships damaged and for 21.3 percent of the ships sunk. But the suicide effort was expensive. During the 10-month period of the employment of the suicide tactic, the 2 air arms expended 2,550 planes to score 474 hits on all types of Allied surface vessels for an effective rate of 18.6 percent.

USSBS Report 62, Military Analysis Division, Japanese Air Power - DocShare.tips

(74ページ)

日本が海上艦船にたいする使用に考案したもっとも効果的な兵器が、自殺機であった。44ヵ月つづいた戦争のわずか10ヵ月間に、アメリカ軍艦損傷艦総数の48.1パーセントが、そして沈没艦総数の21.3パーセントが、自殺機による戦果であった。しかし、自殺攻撃はたかくついた。自殺戦術を実施した10ヵ月間に、陸海両空軍は2550機を犠牲にして、連合軍艦船の各種タイプに474機を命中させた。有効率は18.6パーセントだった。

(ネットで見かけた翻訳文です)

 

 

レイモンド・スプルーアンス

“The suicide plane is a very effective weapon, which we must not underestimate,” he wrote. “I do not believe any one who has not been around within its area of operations can realize its potentialities against ships."

The Quiet Warrior: A Biography of Admiral Raymond A. Spruance - Google ブックス

(ページ数が書かれていないので、英文の一部で書籍内を検索してください)

 

「特攻は非常に効果的な兵器で、我々はこれを決して軽視することはできない。私は、この作戦地域内にいたことのない者には、それが艦隊に対してどのような力を持っているか理解する事はできないと信じる」

(訳は 特別攻撃隊 - Wikipedia より)

 

 

広告を非表示にする