Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

Behind the conflict in Asia(その2)

 

Behind the conflict in Asia : Internet Archive 16~17ページから原文を引用しました。

機械翻訳を利用した個人的な翻訳です。誤訳の責めは負いかねます。



All war is brutal. But there is one thing even more brutal — the willingness of public officials to sacrifice the lives of innocent civilians in order to make effective propaganda. And this, according to Mr. W. B. Courtney, writing in Collier’s of February 4, high officials of the Chiang Kai-shek regime have frequently done. I quote from Mr. Courtney’s article: 

あらゆる戦争は残酷だ。だが、より残忍なことがある――効果的な宣伝をするために官吏が罪のない市民の生命の犠牲を厭わないこと。2月4日の Collier's 誌、W. B. Courtney氏の記事によれば、蒋介石政権の高官がそれを頻繁に行っている。 Courtney氏の記事から引用する。

 

After each raid on Hankow or Changsha, and similar places, the Chinese Propaganda Ministry would hand out statistics to the correspondents — 600, or 800, or whatever the number ’innocent civilians’ killed. We never suspected the innocence of the poor victims. We questioned that of the officials, whose eagerness in telling us how many civilians were killed was matched by their remissness in failing to tell those civilians how to avoid being killed.

漢口や長沙などへの空襲の後、中国宣伝省は特派員に統計を渡すだろう―600人とか800人とか、「罪のない市民」が殺されたと。我々は気の毒な犠牲者の無実を疑ったことはない。どれだけ多くの市民が殺されたかを我々に伝える当局の熱心さが、市民に死を避ける方法を伝え損ねる当局の怠慢に、符合させられていることに疑問を呈した。

 

 

The marksmanship of Japanese bombing pilots was perhaps often at fault; but, within my personal observation, not their intentions. Canton and Hankow, for example, were very well fortified cities, military headquarters, bristling with legitimate objectives. I have a map of Canton showing the areas in which destruction of non-military property, and deaths of civilians occurred. Each was in the near vicinity of a military objective: utility plants, a bridge, railroads.

日本の爆撃機パイロットの射撃技量にはおそらく過失が多かった。だが私が個人的に観察した範囲では、彼らの故意ではない。例えば広州と武漢は、軍司令部があり、正当な攻撃目標でいっぱいの、とても防御が固められた都市だった。非軍事的財産が破壊され、民間人の死が発生した地域を示す、広州の地図を私は持っている。それぞれは軍事目標の付近にあった。有用な工場、橋、鉄道。

 


One American hospital, within a few hundred feet of important rail yards, had a small American flag painted on a terra-cotta roof; no pilot could have discerned this from 1000 feet. On every side were buildings used by the military. Lingnan University (Canton Christian College, Rockefeller-endowed) had a Chinese anti-aircraft gun on its campus until faculty pleas secured its removal.

重要な車両基地から数百フィート内にあった米国の病院は、赤土の素焼きの屋根に小さな合衆国旗をペイントしていた。1000フィート先からこれを識別できるパイロットはいないだろう。四方は軍が使用している建物だった。ロックフェラーが寄付した広東のキリスト教大学、嶺南大学には、教授団の請願がその移転を確保するまで、キャンパスに対空砲があった。

 

Japanese raids did enormous damage, caused thousands of non'combatant deaths.
But those of us who looked on knew that most of those deaths were unnecessary. They were due to negligence of authorities, who did not instruct and drill their populations in how to protect themselves.

日本の爆撃は甚大な被害をもたらし、何千人もの非戦闘員が死亡した。だが見ていた私達は、それらの多くが不必要な死であったことを知っていた。自らを守る方法を、住民に教え、訓練しなかった当局の怠慢によるものだった。

 

 

Behind the conflict in Asia(その1)

 

Behind the conflict in Asia : Internet Archive  8~9ページから原文を引用しました。

機械翻訳を利用した個人的な翻訳です。誤訳の責めは負いかねます。

 

 

Witness the “scorched earth” policy that Chiang has been pursuing for the past year, a policy which the Communists not only admit but boast is their own, and the effect of which, on the Chinese people, according to the February issue of the Living Age, has been so brutally devastating as to make one wonder whether Chiang is fighting the Japanese or his own people.

Thus, I think there can be no question that Communism had made heavy inroads in China.

蒋介石が過去1年続行してきた「焦土作戦」・・共産主義者が認めるだけでなく自慢する独自の作戦、そしてその中国国民への影響は、Living Age 2月号によると、蒋が戦っているのは、日本人かそれとも自国民なのか、疑問に思うほど容赦なく破壊し続けている。したがって、私は、共産主義が中国に大いに浸透したことは間違いないと思う。

 

So far as Japan was concerned this was a two-fold threat. In the first place, a Communized China meant a China dominated, if not completely controlled, by Japan’s traditional enemy, Russia, who, ever since 1905, has been biding its time for the propitious moment to seek to avenge its defeat by Japan. In the second place. Communism in China taught and fomented intense hatred of Japan. Thus, even though Russia failed to gain complete political mastery of China, through spreading Communism farther and farther it would make the Chinese people implacable enemies of Japan.

日本に関する限り、これは二重の脅威だった。第一に、もし完全にコントロールされるのでなければ、中国の共産化は、日本の伝統的な敵国であるロシアに支配された中国を意味し、ロシアは1905年以来、日本による敗北に復讐しようと好都合な時を待ち続けてきた。第二に。中国の共産主義者は日本に対する激しい憎悪を教え、扇動した。このように、ロシアは中国の完全な政治的制御には失敗したが、共産主義をさらに遠くに広げることによって、中国の人々を、執念深い日本の敵にするだろう。

 

 

No informed and honest person now denies that the Communists employed these identical tactics in stirring up the Chinese against the British in 1925-26-27, and employed them so successfully that all China was swept by a wave of anti-British demonstrations and boycotts, culminating, finally, in the Nanking Outrage of March, 1927, in which British, American, Italian and Japanese nationals were wantonly killed by Chiang Kai-shek’s soldiers, and in which the entire foreign population of Nanking was only saved from wholesale slaughter by British and American gunboats which arrived at the most critical juncture and began shelling the city.

知識があり正直な人は、共産主義者が1925~27年に英国人に対して中国人を扇動するのに同じ戦術を採用したことを否定しない。そしてその戦術を採用した結果、みごとに中国全土が反英デモとボイコットの波に襲われた。遂には1927年3月の南京事件で、英国人、米国人、イタリア人、日本人が蒋介石の兵士によって殺害され、極めて危険な情勢に到着した英米の砲撃艇が都市を砲撃し始めたことで、南京の外国人全体は大量虐殺から救われた。

 

 

ライフ誌 1938年10月

 

1938年10月31日のライフ・マガジン、11ページから本文の一部を抜粋しました。

機械翻訳を利用した個人的な翻訳です。誤訳の責めは負いかねます。

LIFE - Google ブックス

 

AMERICA GETS READY TO FIGHT GERMANY, ITALY AND JAPAN

 

(2段落目)

The historic first rule for American safety is to let no outside power get a foothold in the Western Hemisphere. With Britain holding the sea, we have had little fear of possible European aggressors. Since 1932 the U.S. Fleet has been kept in the Pacific, watching Japan. Now the belief in British invincibility is shattered. Germany and Italy are on the march. They may become masters of Europe. They covert, we are told, the rich resources of South America. With Britain beaten in war, or standing importantly aside as it did in the rape of Czechoslovakia, Fascist fleets and legions may swarm across the Atlantic. By that time Britain would have also lost our in the pacific. Japan, grown great, might attack simultaneously with its current comrades-in-aggression.

 

アメリカの安全のための歴史的な第一のルールは、外部の勢力に西半球における足場を得させないようにすることだ。イギリスが海洋を保持しているので、ヨーロッパに侵略される恐れはほとんどない。1932年以来、アメリカ艦隊は日本を見ながら太平洋に留まっていた。今、イギリスは無敵だとの信念は崩壊している。ドイツとイタリアは行軍中だ。彼らはヨーロッパの支配者になるかもしれない。彼らは南米の豊かな資源を秘密裏に語ると聞く。イギリスが敗北するか、イギリスがチェコスロバキア分割でそうしたように今回も傍観的態度をとれば、ファシスト艦隊と軍隊が群れをなして大西洋を渡るかもしれない。その時までに、イギリスもまた、大西洋から我々を失うことだろう。大きく成長した日本は、現在の侵略の同胞と時を同じくして攻撃するかもしれない。

  

(3段落目)

These possibilities may seem too fantastically remote and improbable for worry to you.
But not to the Navy's No. 1, Admiral D. Leahy (above), Chief of Naval Operations, who must anticipate trouble from anywhere on the map. It is his job to deal with possibilities, not probabilities. In the defense of a nation, by the time a possibility becomes a probability it is likely to be too late to prepare to meet it. It takes four years to build a battleship.

 

これらの可能性はあまりにも遠くにあるように思えるかもしれない、そしてあなたを悩ませる見込みはない。だが海軍のトップには別だ。海軍作戦部長のリーヒ提督(写真)は、地図上のどこからでも問題点を予期しなければならない。起こりそうなことではなく、ありうることを扱うのが彼の仕事だ。国家の防衛においては、ありうることが、起こりそうなこととなった頃に、それを出迎える準備をするのでは遅すぎるであろう。戦艦の建造には4年かかる。

 

東南アジアの大戦期の歴史

Asia Sentinel、2015年9月2日の記事から一部を抜粋しました。

機械翻訳を利用した個人的な翻訳です。誤訳の責めは負いかねます。

China Rewrites Southeast Asia’s WWII History for the Big Parade - Asia Sentinel

 

The outpouring of Chinese propaganda about its self-proclaimed victory over Japan 70 years ago has drowned the actual history of Asia during World War 2. China, well supported by western media, likes to believe that the whole of Asia was united in its opposition to Japan’s war against the US, Britain and China. Nothing could be further from the truth.

70年前に日本に対して自称、勝利したことについての、噴き出す中国のプロパガンダは、第二次世界大戦中のアジアの現実の歴史を溺死させた。西側メディアの支持を得ている中国は、日本の戦争(対、米・英・中)に対抗する中でアジア全体が統一されたと信じたい。それは事実とまったく異なります。

 

Elsewhere the Japanese at first were highly regarded, as they claimed, as liberators of Asian peoples from the yoke of western colonialism. Despite Japan’s own colonial activities in China and Korea, this had a strong appeal. Nationalists sought to further their own goals by cooperating with the Japanese, at least in the first instance.

(タイ国を除いた) 他の地域では、日本人は当初、彼らが主張したように、西洋植民地主義支配からのアジア人の解放者として高く評価されていた。中国や韓国における日本自身の植民地活動にもかかわらず、これは強い魅力を持っていた。ナショナリストは、少なくともまず第一に、日本人と協力して自分の目標を進めようとした。

 

In the Philippines many leading families and politicians collaborated with the Japanese even while most of the government of President Quezon went into exile in the US.

フィリピンでは、ケソン大統領政府の大半が合州国に亡命中している間ですら、多くの有力な一族と政治家が日本人と協力していた。

 

In Indonesia, nationalist leader Sukarno welcomed the Japanese and cooperated with them throughout the war, including helping them recruit Javanese labourers for work overseas – many of whom died. Japanese food requisitions caused food shortages in Java.

インドネシアでは、ナショナリストスカルノは、日本人を歓迎し、ジャワの労働者を海外に派遣するのを手助けするなどして―その多くは死亡した―、戦争の間ずっと彼らと協力した。日本の食糧需要はジャワ島の食糧不足を引き起こした。

 

In Malaysia and Singapore, resistance to the Japanese was almost entirely an ethnic Chinese affair and seen as part of a wider war against Japan. Malay leaders kept a low profile. The anti-Japanese leader, Chin Peng, was decorated by the British but went on to lead the 1948-1960 Communist insurgency which was nominally nationalist but had little support from the Malay majority.

マレーシアとシンガポールでは、日本人に対する抵抗はほぼ全面的に華僑の出来事であり、日本に対する広範な戦争の一部として見られた。マレー人のリーダーは目立たないようにした。反日のリーダー、陳平は、イギリス人に叙勲されたが、名目上はナショナリストとして1948-1960年に共産ゲリラを指揮し続け、それにマレー人の多数派からの支援はほとんどなかった。

 

In Singapore, the young Lee Kuan Yew worked for the Japanese news agency before becoming useful to the British – two relationships still not fully understood.

シンガポールでは、若かったリー・クアンユーは、英国人にとって有用になる以前に、日本の通信社で働いた。2つの関係はまだ完全には理解されていない。

 

*記事にはこの他、タイ・ビルマ・インド・韓国・満洲・台湾への言及があります。

 

マッカラム・メモランダム

この記事は『歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料』ではありません。
当ブログの趣旨から離れた、私的なメモに近いものです。

 

私は「第二次世界大戦はなぜ起こったのか。その原因を知りたい」というところに最大の関心がありました。そして個人的に細々と情報を探してきました。
現時点では、太平洋戦争(ないし大東亜戦争)が起こった原因を探るためには、「マッカラム・メモランダム」に、最大のヒントがありそうだと、私は考えています。

 

もしかすると将来、より良い情報を見つけることができるかもしれませんし、それによって私の意見は変わるのかもしれませんが・・以下『真珠湾の真実 ― ルーズベルト欺瞞の日々』(454頁)から抜粋してみます。

 

 

「一方、英国が戦争を継続し、英海軍が大西洋の制海権を維持しているかぎり、ドイツまたはイタリアが米国に対抗できる可能性はほとんどない。われわれの立場にとっての一つの危険は、英帝国が早期に降伏し、英国艦隊が手つかずのまま枢軸国の手に入ることである。」

 

「要約すると、英国海軍が大西洋の制海権を保持し、米国と友好関係にあるかぎり、大西洋における、米国の安全保障に対する脅威は小さい。」

 

「太平洋では、日本は独伊との同盟のおかげで、英帝国の安全保障にとって決定的な脅威であり、いったん英帝国が消滅すると、日本-独伊の戦力は米国と対抗することになる。

シンガポールに対する日本の脅威または攻撃を伴った、また、バルカン半島及び北アフリカ経由のスエズ運河に対する独伊軍による強力な陸上攻撃は、英帝国にとってきわめて深刻な結果をもたらすことだろう。」