Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

リンドバーグのデモイン演説 part.3

機械翻訳を利用した私訳です。誤訳の責めは負いかねます。おおよその内容を知るためのものとしてご利用ください。 Des Moines Speech- America First Committee ヨーロッパで戦争が始まった1939年、これらのグループは、アメリカ人は戦争に参入する意図がな…

リンドバーグのデモイン演説 part.2

機械翻訳を利用した私訳です。誤訳の責めは負いかねます。おおよその内容を知るためのものとしてご利用ください。 Des Moines Speech- America First Committee 欧州でこの戦争が始まったとき、アメリカ人は、それに参加することに一致して反対していたこと…

リンドバーグのデモイン演説 part.1

チャールズ・リンドバーグによる、1941年9月11日のアイオワ州デモインでの演説を、全3回で翻訳を試みます。 Des Moines Speech- America First Committee 私は英文をそのままで読むことができません。ですが自分なりに内容を知りたいと思い、翻訳したものを…

重慶爆撃(後半)

*機械翻訳を利用した私訳です。参考にとどめてください。誤訳の責めは負いかねます。 J. SERVICE:ですが、それにもかかわらず、我々は観察しようとした。そして飛行機が迫っていたなら、我々は避難所に行った。もし避難所を持っていたなら、近所の人も入れ…

重慶爆撃(前半)

John S. Service氏による口述インタビュー 中国・ビルマ・インド戦域の、アメリカ軍司令官の政治顧問(1943年-1945年)。 極東の連合軍・総司令官の政治顧問の執行役員(1945-1946年)。ニュージーランド首都・ウェリントン、アメリカ大使館の一等書記官(19…

Was Pearl Harbor Unavoidable?(後半)

*機械翻訳を利用した私訳です。誤訳の責めは負いかねます。 日本に関する、抜粋された、2つのかさばった文書を、国務省が公表した1943年まで、米国民は日本の協調の嘆願を知らされなかった。他にも、その時まで公表されていなかった事柄が、数多くあった。…

Was Pearl Harbor Unavoidable?(前半)

パーシー・L・グリーブス氏、Was Pearl Harbor Unavoidable? の私訳です。 誤訳の責めは負いかねます、参考にとどめてください。 *初出かどうかはわかりませんが、本稿は、早くも1947年12月7日のシカゴ・トリビューン紙に掲載されていたようです。 December…

Behind the conflict in Asia(その3)

Behind the conflict in Asia : Internet Archive から原文を引用しました。 機械翻訳を利用した私訳です、参考にとどめてください。誤訳の責めは負いかねます。 (18ページ) It is doubtless true that at the present time military men are of more infl…

Behind the conflict in Asia(その2)

Behind the conflict in Asia : Internet Archive 16~17ページから原文を引用しました。 機械翻訳を利用した私訳です、参考にとどめてください。誤訳の責めは負いかねます。 All war is brutal. But there is one thing even more brutal — the willingness…

Behind the conflict in Asia

Behind the conflict in Asia : Internet Archive 8~9ページから原文を引用しました。 機械翻訳を利用した私訳です、参考にとどめてください。誤訳の責めは負いかねます。 Witness the “scorched earth” policy that Chiang has been pursuing for the past…

ライフ誌 1938年10月

1938年10月31日のライフ・マガジン、11ページから本文の一部を抜粋しました。 機械翻訳を利用した私訳です、参考にとどめてください。誤訳の責めは負えません。 LIFE - Google ブックス AMERICA GETS READY TO FIGHT GERMANY, ITALY AND JAPAN (2段落目) …

東南アジアの大戦期の歴史

Asia Sentinel、2015年9月2日の記事から一部を抜粋しました。 機械翻訳を利用した私訳です、参考にとどめてください。 China Rewrites Southeast Asia’s WWII History for the Big Parade - Asia Sentinel The outpouring of Chinese propaganda about its s…

マッカラム・メモランダム

この記事は『歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料』ではありません。当ブログの趣旨から離れた、私的なメモに近いものです。 私は「第二次世界大戦はなぜ起こったのか。その原因を知りたい」というところに最大の関心がありました。そして個人的に…

Terry's Japanese empire.

Terry's Japanese empire, including Korea and... | Hathi Trust Digital Library から原文を引用しました。訳は全て私訳です、あくまで参考にとどめてください。 (699ページ) Agriculture is the national industry and it gives occupation to six or s…

JAPANESE TRANSFORM KOREA

ニューヨーク・タイムズ、1905年4月29日 JAPANESE TRANSFORM KOREA.Islanders Building Railways and Improving Harbors. Wonderful is the spectacle of transformation in Korea.The reforms already effected are remarkable and are an unmixed benefit …

下院外交委員会 1948年3月

U.S. Foreign Policy for a Post-War Recovery... | Hathi Trust Digital Library Part2から原文を引用しました。全て私訳です、あくまで参考にとどめてください。 ウィリアム・C・ブリット(元駐ソ・駐仏大使)の陳述 (1897ページ) Communist conquest of…

1960年の分析

A・ドーク・バーネット氏の、1960年に出版された書籍から引用しました。 Communist China And Asia Challenge To American Policy : Internet Archive (注)以下は機械翻訳を利用した私訳です。あくまで参考にとどめてください。 (255ページ) Ever since …

合衆国とソビエト

ベンジャミン・ギトロウ(アメリカ共産党の創立メンバー) As far back as 1927, when I was in Moscow, the attitude toward the United States in the event of war was discussed. Privately, it was the opinion of all the Russian leaders to whom I s…

さらなる輸出規制の影響

(注)下記はすべて私訳です。参考にとどめてください。誤訳の責めは負いかねます。 The Director of the War Plans Division of the Navy Department (Turner) to the Chief of Naval Operations (Stark) 海軍戦争計画部長(ターナー)から海軍作戦部長(ス…

マクマリー・メモランダム

アルバート・ウェデマイヤー For instance, Professor Nicholas Spykman of Yale wrote in a book published shortly after Pearl Harbor (Americas Strategy in World Politics: The United States and the Balance of Power) that the annihilation of Ger…

特別攻撃隊

米国戦略爆撃調査団 - Summary report (Pacific war) From October, 1944, to the end of the Okinawa campaign, the Japanese flew 2,550 Kamikaze missions, of which 475, or 18.6 percent were effective in securing hits or damaging near misses. War…

日本の台湾統治

日本の台湾統治(1904年 ニューヨーク・タイムズ) Curing the Opium Habit. Even the opium habit has in so far been respected that the natives are not punished for consuming opium, though opium smoking and dealing in opium is a crime for which…

満洲国の様相

ジョージ・ブロンソン・リー Or, if we want strong language, turn to page 159 of the Supplementary Documents of the League Commission of Inquiry, which reads: The author is unacquainted with any instance in recent times where a Government ha…

1898年の満洲

レジナルド・ジョンストン British merchants residing there in 1898 spoke of "the practical annexation of the country going on under their very eyes," and a leading British missionary "declared that both he himself and all his missions looke…

事前の「警告」

ラッセル・グレンフェル英国海軍大佐 There is so much evidence of official warnings to American Service commanders to be prepared for surprise attack that the expectation of such attack is established beyond question. For example, there is A…

共産中国

アルバート・C・ウェデマイヤー I should still esteem General Marshall as one of the great man of our generation if he had ever acknowledged his fundamental mistake in China: namely, that of believing that the Nationalist Government and the …

日米関係 1930s

スメドリー・バトラー『戦争はいかがわしい商売だ』 Yes, all over, nations are camping in their arms. The mad dogs of Europe are on the loose. In the Orient the maneuvering is more adroit. Back in 1904, when Russia and Japan fought, we kicked…

満洲に関する意見書

駐日大使館参事官エドウィン・ネビルの意見書 In this atmosphere of distrust and suspicion, aggravated by the world-wide economic collapse and internal problems of industrial and social discontent, the Japanese looked about them. In addition …

要人発言(真珠湾/開戦)

ヘンリー・スティムソン陸軍長官。1941年11月25日の日記。 [Roosevelt] brought up the event that we are likely to be attacked perhaps next Monday, for the Japanese are notorious for making an attack without warning, and the question was what w…

Japan May Strike Over Weekend

Hilo Tribune Herald, Nov. 30, 1941 The Honolulu Advertiser, Nov. 30, 1941 Michael Yon JP「真珠湾攻撃から75年」 http://michaelyonjp.blogspot.jp/2016/12/blog-post_4.html