Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

ハロルド・イッキーズ 1941年6月23日

My dear Mr. President

There will never be so good a time to stop the shipment of oil to Japan as we now have.
Japan is so preoccupied with what is happening in Russia and what may happen in Siberia that she won't venture a hostile move against the Dutch East Indies.
To embargo oil to Japan would be as popular a move in all parts of the country as you could make.

Recent expressions of sentiment have demonstrated how the people feel on this subject.

There might develop from the embargoing of oil to Japan such a situation as would make it, not only possible but easy, to get into this war in an effective way.
And if we should thus indirectly be brought in, we would avoid the criticism that we had gone in as an ally of communistic Russia.

 

Dear Harold

I have yours of June 23rd recommending the immediate stopping of shipment of oil to Japan.

Please let me know if this would continue to be your judgment if this were to tip the delicate scales and cause Japan to decide either to attack Russia or to attack the Dutch East Indies.

 

[ ソース ]

http://www.sscnet.ucla.edu/polisci/faculty/trachtenberg/methbk/ickes.pdf

 

[ 要旨。拙訳につき参考にとどめてください ]

― 日本への石油の輸出を止める、またとない機会です。
日本はロシアで起こっていることに気を取られているので、蘭領東インドに対して敵対的な行動を起こさないでしょう。

石油の通商禁止は全国各地で好評を得るでしょう。新しい世論調査が、国民はこの問題をどのように感じているのかを示しました。

日本への石油の禁輸から、容易に、効果的な方法で、この戦争に参戦できるかもしれません。このように間接的に引き込まれるなら、共産国ロシアの味方になったという批判を避けることができます。


― あなたの即座の禁輸措置の推薦を受領しました。

もし禁輸が、日本に、ロシアを攻撃するか、蘭領東インドを攻撃するのかの決定をもたらすとしても、禁輸があなたの意見であり続けるかどうか、私に知らせてください。

 

 

※1941年6月22日、独ソ戦が開始

※原文(ソース)には、この記述の続きがあります。