Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

要人発言(真珠湾/開戦)

 

ヘンリー・スティムソン陸軍長官。1941年11月25日の日記。

[Roosevelt] brought up the event that we are likely to be attacked perhaps next Monday, for the Japanese are notorious for making an attack without warning, and the question was what we should do. The question was how we should maneuver them into the position of firing the first shot without allowing too much danger to ourselves.

Henry L. Stimson - Wikipedia

 

彼(ルーズベルト)は、日本は無警告で攻撃を行うことで有名であるので、我々は多分次の月曜日(12月1日)に攻撃を受ける可能性がある、ということを持ち出し、そして問題は、われわれはいかに対処すべきかであった。問題は、われわれが大きな危険にさらされることなく、最初の発砲をするような立場に、日本人をいかに追い込むか、であった。

(訳は、名越二荒之助『世界から見た大東亜戦争』p.87より)

 

 

オリバー・リットルトン英国生産相。1944年6月20日の演説。

Japan was provoked into attacking the Americans at Pearl Harbor.
It is a travesty of history ever to say that America was forced into the war.
Everyone knows where American sympathies were.
It is incorrect to say that America was truly neutral even before America came into the war on an all-out fighting basis.

The Montreal Gazette - Google News Archive Search

 

 

ラッセル・グレンフェル英国海軍大佐

No reasonably informed person can now believe that Japan made a villainous, unexpected attack on the United States. An attack was not only fully expected but was actually desired. It is beyond doubt that President Roosevelt wanted to get his country into war, but for political reasons was most anxious to ensure that the first act of hostility came from the other side; for which reason he caused increasing pressure to be put on the Japanese, to a point that no self-respecting nation could endure without resort to arms. Japan was meant by the American President to attack the United States.

Main Fleet To Singapore : Captain Russell Grenfell(107-108ページ)

 

今日、いやしくも合理的な知性のある人で、日本が合衆国に対して悪辣な不意討ちを行なった、と信ずる者はいない。攻撃は充分予期されていたのみならず、実際に希望されていたのである。ルーズベルト大統領が、自国を戦争に巻き込みたいと考えていたことは、疑問の余地はない。しかし政治的理由から、最初の敵対行動が相手側から始められるようにすることを、熱望していたのである。そのような理由から彼は、苟も自尊心のある国民であれば、武力に訴えなければ耐えることができない点まで、日本人に圧力を加えたのである。日本は、アメリカ大統領によって合衆国を攻撃するように仕組まれたのである。

(訳は、名越二荒之助『世界から見た大東亜戦争』p.105より)