Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

マクマリー・メモランダム

アルバート・ウェデマイヤー

For instance, Professor Nicholas Spykman of Yale wrote in a book published shortly after Pearl Harbor (Americas Strategy in World Politics: The United States and the Balance of Power) that the annihilation of Germany and Japan would open Europe to Soviet domination and observed: "A russian state from the Urals to the North Sea can be great improvement over a German State from the North Sea to the Urals.

Wedemeyer reports | Hathi Trust Digital Library(6ページ)

 

例えば、エール大学のニコラス・スパイクマン教授は、(中略)著書のなかで「ドイツと日本を抹殺することはヨーロッパ大陸ソ連の支配にまかすことになるだろう」といい、「ウラル山脈から北海までのソ連は、北海からウラルに広がるドイツに比べて、大きな改善とは成り得ない」と述べている。

(妹尾作太男『第二次大戦に勝者なし』上巻 p.36)

 

 

ジョン・アントワープ・マクマリー

To oppose the Japanese domination of China and actively take all available means and occasions to frustrate it ... would, if pursued consistently and determinedly, almost inevitably mean war with Japan ... Such a war would be a major misfortune for us, even assuming our victory ... It would be a hideously long and costly process ... Even the elimination of Japan, if it were possible, would be no blessing to the Far East or to the world. It would merely create a new set of stresses, and substitute for Japan the USSR as the successor of Imperial Russia as a contestant (and at least an equally unscrupulous and dangerous one) for mastery of the East. Nobody except perhaps Russia would gain from our victory in such a war.

John Van Antwerp MacMurray - Wikipedia

 

日本の徹底的敗北は、極東にも世界にも何の恩恵にはならないだろう。それは単に、一連の新しい緊張を生むだけであり、ロシア帝国の後継者たるソ連が、日本に代わって極東支配のための敵対者として現れることを促すことにすぎないだろう。ソ連はすくなくとも日本とおなじように破廉恥で、無節操で危険な相手である。こんな戦争でアメリカが勝ったとしても、その成果は恐らくソ連が独占してしまうことになる。

北岡伸一(監訳)衣川宏(訳)『平和はいかに失われたか』)

 

 

ラルフ・タウンゼント

Defeat of Japan would invite domination of China by the Soviet Union, for the clash in Asia is not nearly so much between China and Japan as between Japan and the Soviet Union.

From what I have seen of Soviet practices, and from what I have seen of Japanese practices, I must say that I should regard Soviet domination in Asia far more disastrous for China than Japanese domination, and far worse for America and for the world.

Seeking foreign trouble | Hathi Trust Digital Library(18-19ページ)

 

もし日本が敗れたら、中国はソ連のものになるだろう。なぜなら、あの戦争は「日・中戦争」というより「日・露戦争」に近いからである。日本が勝ってアジアを支配するか、ソビエトが勝ってアジアを支配するか、二つのうちどっちが中国にとって悲惨か。日ソ両国の動きを見て来た者の一人として言わせてもらえば、「ソ連支配の方がはるかに悲惨である」と言わざるを得ない。中国にとってだけではない。アメリカにも、いや、世界中にとってもそうである。

(田中秀雄 (翻訳)先田賢紀智 (翻訳)『アメリカはアジアに介入するな!』p.208)