Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

合衆国とソビエト

ベンジャミン・ギトロウ(アメリカ共産党の創立メンバー)

As far back as 1927, when I was in Moscow, the attitude toward the United States in the event of war was discussed. Privately, it was the opinion of all the Russian leaders to whom I spoke that the rivalry between the United States and Japan must actually break out into war between these two. The Russians were hopeful that the war would break out soon, because that would greatly secure the safety of Russia's Siberian borders and would so weaken Japan that Russia would no longer have to fear an attack from her in the East. Stalin hopes through the activities of the American Communist Party to create a public opinion in the United States that would favor a war, presumably in the defense of democracy against the encroachment of Fascism, but actually against Japan.

I confess; the truth about American communism : Internet Archive(485ページ)

 

私がモスクワにいた1927年、戦争に関して合衆国に対する姿勢について議論が行われた。個人的に、私が対話したソヴェトの指導者はみな、米国と日本は実際に戦争に突入しなければならないと考えていた。ロシア人は、戦争がすぐに始まることを希望していた。というのも、それによってロシア・シベリアの境界の安全保障が大きく改善するからであり、日本が弱体化され、ロシアはもはや東側からの攻撃を恐れる心配が不要になるからであった。スターリンの希望は、米国共産主義者の活動を通じて、米国内に、ファシズムの侵略から―実際的には日本のファシズムから―民主主義を守るためにとの大義名分のもとで好戦的な世論が形成されることであった。

(ネット上にあった翻訳をお借りしました)

 

 

ウィリアム・C・ブリット(駐ソ連大使)1935年7月19日

It is, of course, the heartiest hope of the Soviet Government that the United States will become involved in a war with Japan. […] The Soviet Union would certainly attempt to avoid becoming an ally until Japan had been thoroughly defeated and would then merely use the opportunity to acquire Manchuria and Sovietize China.

The final conviction of the leaders of the Soviet Union with regard to the war they desire so ardently between the United States and Japan is that Japan would be defeated, that a Communist Government would then be set up in Japan, and Japan and the Soviet Union would then move happily hand in hand to establish communism in China.

Foreign relations of the United States.... | Hathi Trust Digital Library(227ページ)

 

(私訳。参考として)

もちろん、合衆国が日本との戦争に関与するようになることが、ソビエト政府の心からの希望だ。(中略)ソビエトは、日本が徹底的に敗北するまで、間違いなく同盟国になることを避けようとするだろうし、そして単に満州を獲得し、中国を共産化する機会を利用するだけであろう。

ソビエトの指導者は日米間の戦争を熱烈に望んでおり、日本が敗北するであろうこと、共産党政権が日本に設立されることに最終的な信念がある。そして日本とソビエトが、中国に共産主義を確立するために、うまく手を携えていくであろう。

 

 

ジョージ・ブロンソン・リー

It is no secret that thousands of young Chinese and other Oriental youths of both sexes have been turned out of Communist universities in Moscow and sent back home to conspire against their governments. The open campaign to bring all China under the rule of Moscow had been waged under the spotlight of publicity; subversive and disruptive forces have overturned established governments in many lands; yet with the evidence before its eyes, the world has condemned Japan for defending her institutions and existence against this menace.

The case for Manchoukuo | Hathi Trust Digital Library(332ページ)

 

中国全土をモスクワの支配下に置こうというあからさまな運動が、世界の注目を集める中で遂行されている。多くの国で、破壊分子がその既存政府を力で転覆させている。しかしこうした証拠が目の前にあるのに、世界はこの脅威に対抗して国の体制と存立を守ろうとする日本を非難するのだ。

(訳は、田中秀雄『満洲国建国の正当性を弁護する』p373-374より一部を抜粋)

 

 

広告を非表示にする