Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

Behind the conflict in Asia(その2)

 

Behind the conflict in Asia : Internet Archive 16~17ページから原文を引用しました。

機械翻訳を利用した私訳です、参考にとどめてください。誤訳の責めは負いかねます。



All war is brutal. But there is one thing even more brutal — the willingness of public officials to sacrifice the lives of innocent civilians in order to make effective propaganda. And this, according to Mr. W. B. Courtney, writing in Collier’s of February 4, high officials of the Chiang Kai-shek regime have frequently done. I quote from Mr. Courtney’s article: 

あらゆる戦争は残酷だ。しかし、より残忍なものがある―効果的な宣伝をするために官吏が罪のない市民の生命の犠牲を厭わないこと。2月4日の Collier's 誌、W. B. Courtney氏の記事によれば、蒋介石政権の高官がそれを頻繁に行っている。 Courtney氏の記事から引用する。

 

After each raid on Hankow or Changsha, and similar places, the Chinese Propaganda Ministry would hand out statistics to the correspondents — 600, or 800, or whatever the number ’innocent civilians’ killed. We never suspected the innocence of the poor victims. We questioned that of the officials, whose eagerness in telling us how many civilians were killed was matched by their remissness in failing to tell those civilians how to avoid being killed.

漢口や長沙などへの空襲の後、中国宣伝省は特派員に統計を渡すだろう―600人とか800人とか、「罪のない市民」が殺されたと。我々は気の毒な犠牲者の無実を疑ったことはない。どれだけ多くの市民が殺されたかを我々に伝える当局の熱心さが、市民に死を避ける方法を伝え損ねる当局の怠慢に、符合させられていることに疑問を呈した。

 

 

The marksmanship of Japanese bombing pilots was perhaps often at fault; but, within my personal observation, not their intentions. Canton and Hankow, for example, were very well fortified cities, military headquarters, bristling with legitimate objectives. I have a map of Canton showing the areas in which destruction of non-military property, and deaths of civilians occurred. Each was in the near vicinity of a military objective: utility plants, a bridge, railroads.

日本の爆撃機パイロットの射撃技量にはおそらく過失が多かった。だが私が個人的に観察した範囲では、彼らの故意ではない。例えば広州と武漢は、軍司令部があり、正当な攻撃目標でいっぱいの、とても防御が固められた都市だった。非軍事的財産が破壊され、民間人の死が発生した地域を示す、広州の地図を私は持っている。それぞれは軍事目標の付近にあった。有用な工場、橋、鉄道。

 


One American hospital, within a few hundred feet of important rail yards, had a small American flag painted on a terra-cotta roof; no pilot could have discerned this from 1000 feet. On every side were buildings used by the military. Lingnan University (Canton Christian College, Rockefeller-endowed) had a Chinese anti-aircraft gun on its campus until faculty pleas secured its removal.

重要な車両基地から数百フィート内にあった米国の病院は、赤土の素焼きの屋根に小さな合衆国旗をペイントしていた。1000フィート先からこれを識別できるパイロットはいないだろう。四方は軍が使用している建物だった。ロックフェラーが寄付した広東のキリスト教大学、嶺南大学には、教授団の請願がその移転を確保するまで、キャンパスに対空砲があった。

 

Japanese raids did enormous damage, caused thousands of non'combatant deaths.
But those of us who looked on knew that most of those deaths were unnecessary. They were due to negligence of authorities, who did not instruct and drill their populations in how to protect themselves.

日本の爆撃は甚大な被害をもたらし、何千人もの非戦闘員が死亡した。だが見ていた私達は、それらの多くが不必要な死であったことを知っていた。自らを守る方法を、住民に教え、訓練しなかった当局の怠慢によるものだった。