Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

Behind the conflict in Asia(その3)

Behind the conflict in Asia : Internet Archive から原文を引用しました。

機械翻訳を利用した私訳です、参考にとどめてください。誤訳の責めは負いかねます。

 

(18ページ)

It is doubtless true that at the present time military men are of more influence in the Japanese government than business or professional men. This is no more than natural, considering that the nation is involved in a major military conflict, and is a condition that occurs in any country in war time. It was true here in America during the World War, as it was of course in England and France.

現在のところ、ビジネスマンや専門家よりも、軍人が、日本政府に大きな影響を与えていることは、確かに事実である。国家が重大な軍事的紛争に巻き込まれていることを考えると、これは自然なことにすぎず、戦時中にはどの国でも発生する状態である。それは第一次大戦中の合衆国で真実であったし、同様にイギリス、フランスでも当然のことだった。

 

Therefore, while I do not elect to assume the role of prophet, I believe it is safe to say that once the emergency is over, the predominant influence of military men in Japan will subside and the business and professional man again will take his customary place and exercise his customary influence.

したがって、私は預言者の役割を引き受けようとは思わないけれども、ひとたび緊急事態が終わると顕著な軍人の影響はおさまるだろうし、ビジネスマンや専門家は再び通常の地位を取り戻し、通常の影響力を行使するだろう、と言って間違いないと私は思う。

 

 

(30ページ)

Incidentally, it seems worthy to be remarked that the people who have been assuring us that Chiang Kai-shek is a splendid democrat, and his regime a democracy, are the self-same people who up to Chiang’s kidnapping in December, 1936, were berating him as a “Fascist” and denouncing his government as a “Fascist Dictatorship.” Only after he had bailed himself out of captivity, by joining with the Communists in their fight on Japan, did he suddenly cease to be a brutal fascist and become a benevolent democratic ruler.

ところで、蒋介石は素晴らしい民主主義者であり、民主の政権だと我々に保証してきた人々と、蒋が1936年に誘拐されるまで、彼と政府を「ファシスト」「ファシスト独裁」として非難していた人々とが同一だったことは、言及に値するようだ。彼が監禁から脱し、共産主義者の日本との戦いに加わって、初めて彼は、突然、残忍なファシストをやめて、慈悲深い民主的な統治者になった。

 

No miracle was ever more miraculous than the transformation that takes place when an important non-Communist joins the Communists or accepts their programme. I might add that there is one infallible test, from the Communist standpoint, for determining whether or not a nation is democratic. If it is on the side of Soviet Russia, it is. If not, it isn’t. Nothing could be simpler.

共産主義ではない要人が、共産主義者に加わったり、彼らの計画を受け入れる時に起こる変容ほど、奇跡的なものはなかった。共産主義の立場から、国家が民主的であるかどうかを決定するための確実なテストが1つあると、私は付け加えるだろう。国家がソビエトロシアの側にあれば民主的であり、そうでなければ民主的ではない。これ以上に単純なことはない。