Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

Was Pearl Harbor Unavoidable?(後半)

機械翻訳を利用した私訳です。誤訳の責めは負いかねます。

 

日本に関する、抜粋された、2つのかさばった文書を、国務省が公表した1943年まで、米国民は日本の協調の嘆願を知らされなかった。他にも、その時まで公表されていなかった事柄が、数多くあった。以下の事実を明らかにするために議会の調査が行われた。

この一般的なメッセージの背後には、より具体的な提案があった。日本の首相、平沼男爵は、ドゥーマンと内密に面会していた。彼は自国の外相にすらそのことを知らせなかった。彼はアメリカの援助を得て、日本に危険な結果をもたらす世界大戦を、日本の平和派が防ぐかもしれないと感じた。

日本人は「西側諸国、特にイギリスに対して、強い不満の感情」がある、と首相はドゥーマンに語った。第一次世界大戦が起こったとき、日本はイギリスの同盟国だった。日本には同盟国を支援する法的義務はなかったが、それをする道義的義務があると考えた。それに応じて日本はドイツに宣戦を布告し、海軍は太平洋のドイツ艦隊との戦いを引き受け、商船は様々な方法で協力し、最終的に陸軍は山東省からドイツを排除した。

「イギリスから得たただ一つの感謝は、イギリスを支援する意欲を日本に起こさせた、まさにその同盟の廃止だった。」と平沼男爵は続けた。日本はまた、そのとき継続していた、英国とソビエト間の交渉についても懸念していた。海軍条約が、日本の利益の保護を妨げる方向に作用したと考えた。

平沼は、中国における日本の目標は、「制裁、対外競争市場の閉鎖、そして原材料への自由なアクセスが満足でない世界においては、日本の安全保障に不可欠である。そのような情勢が存在する限り、中国における目標の緩和を考慮することができない。」と主張した。

「それでも、全ての国に、品質、価格、必要な原料の供給に基づいて、世界の製品に市場が保証される情勢が生まれれば、中国における、原料の確保と市場の確保の重要性は、大幅に減少するであろう。同様にドイツとイタリアにも、弱く小さな国を犠牲にして拡大したいという、同種の衝動はなくなるであろう。」

「欧州で武装した陣営に分裂する傾向が具体化するのを防ぐため、役立つ唯一の勢力が米国と日本であった。」

彼は世界の、経済的、政治的な問題が、国際会議で解決できるかもしれないと感じました。日本は議論すべき問題の中に極東の状況を含めると同意するだろう、と彼は語った。「欧州の民主主義国に内密に話を持ち掛ける準備ができているなら、大統領はドイツとイタリアに喜んで話を持ち掛けるだろう。そして、これらの国々から好意的な回答が返ってきたなら、通常の外交ルートを通じた議論の後に合意されるかもしれないという状況下で、大統領は喜んで会議を呼びかけることだろう。」と彼は提案した。

最後に首相は「これは世界を混乱から救う最後の機会になるかもしれない」と述べた。

ドゥーマンは1939年6月7日付の21ページの文書で、これをワシントンに報告しました。彼は、日本が「ヨーロッパに集まる嵐に対抗して安全保障を模索している」との見解を示した。日本は、際限なく全体主義の側へ行くか、平和派が勝者になるだろうと信じた諸国との関係を回復するという選択肢に直面していた、と彼は言った。

彼は、和解の願いが「道徳の再生ではなく、純然たる事実の認識」に起因していたと感じました。中国の事件は失敗した。 ヨーロッパの戦争が脅かされた。日本の平和派の指導者は、日本の安全保障が中国での事件を清算することに依存していると気付いた。提案された会議は、日本が面子を失うことなく、「中国の平和条項を緩和する」ことを許すだろう。

ドゥーマンは世界の歴史において非常に重要な瞬間かもしれないと指摘した。 彼は慎重な検討を要請した。

7月1日、ハルはドゥーマンの書信を、提案された返信とともに、ルーズベルトに送った。ルーズベルトに了承されて、同日中に戻ってきた。この返答は提案全般に外交辞令で答え、それは日本が中国から撤退するまで、我々が平和活動に協同することは無いだろうことを意味していた。

国際会議を呼びかけるという具体的な提案には言及していない。それには、合衆国は「既に実施されたものはもちろん、現時点で有効に実施できる、実効性のある手段を認識していない・・そして、あなたの卓越性なら賛成に値する提案だとわかるのかもしれないが、欧州の状況を緩和するのに有効かもしれない措置について、もっと最終的なあなたの卓越した構想を作りあげ、敷衍すれば、そうした進んだ情報を得て喜ばれることだろう。」と書かれていた。

ドゥーマンがこの返答を受け取る前の7月26日、ワシントンは6ヶ月後に通商条約を終了すると日本に通知し、火に油を注いだ。友好を望んで賭した日本の平和派は、衝撃を受けた。親枢軸・反英の外相ですら「合衆国政府が、なぜ、このような拙速かつ唐突なやり方で破棄を通告する必要があると考えたのか」理解できなかった。

ルーズベルトの返信を見た7月31日、ドゥーマンは「極東問題を含んだ、世界の不穏を招いている問題を議論するための、大統領から呼びかけられる国際会議」の具体的な提案に対する回答についての、隔たりある指図に対して、直ちに電報を打ち返した。ドゥーマンは、我々が提案を真剣に検討したいと思ったのかどうか、それとも検討している最中なのかを、確かめたかった。

翌日、ドゥーマンはサムナー・ウェルズ国務次官から通知を受けた。元の返信は一般的なメッセージと特定のメッセージの両方を包含するように意図されていたため、ドゥーマンの提案はどちらも適用されなかった、と。8月3日、「極東の平和を確保するためのドアの閉鎖として、総理大臣に」受け取られるだろう、とドゥーマンは返電した。

通商条約の終了は数週間前に起草されたものであり、したがって日本の提案には関連していない、とウェルズはドゥーマンに語った。彼はドゥーマンに、2つの問題が相互に関連していないように見えるまで、回答を差し控えるように指示した。

結局、回答は8月8日に日本に届けられた。まさしくその夜、ドイツとイタリアとの同盟について議論するため、5人の大臣による会議が東京で開催された。

8月12日、英国、フランス、ソ連の軍事使節団は、ドイツが戦争を起こした場合の共同措置について、モスクワで交渉を開始した。

依然、ソビエト共産主義を心配していた日本は、どうしても友人が必要だった。枢軸は同盟を申し出た。ルーズベルトは冷たい態度を提供した。8月23日までに、枢軸同盟に署名することは、ほとんど疑いないものとなっていた。その日は、日本の戦争派が衝撃を受けた、転機であった。ドイツは、日本の伝統的な敵であるソビエトロシアとの、10年間の不可侵条約に調印した。

不可侵条約は日本と枢軸との同盟を、当分の間、打ち切った。それは我々にとって、枢軸陣営から日本を取り戻す、もう一つのチャンスだった。我々はそれについてもやり損ないましたが、それは別の話題です。1940年9月27日、1年以上が経過して初めて、日本はついに枢軸と防御的な軍事同盟に署名した。

ルーズベルト大統領が1939年に日本の平和派と協力していたなら真珠湾が起こっただろうか?誰にも分からない。