Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

重慶爆撃(前半)

 

John S. Service氏による口述インタビュー

中国・ビルマ・インド戦域の、アメリカ軍司令官の政治顧問(1943年-1945年)。 極東の連合軍・総司令官の政治顧問の執行役員(1945-1946年)。ニュージーランド首都・ウェリントン、アメリカ大使館の一等書記官(1946-1948年)。

Truman Library - John S. Service Oral History Interview, Chap III-IV

リンク先、[175] の終わりから [178] にかけての翻訳です。

機械翻訳を利用した個人的な翻訳です。誤訳の責めは負いかねます。

 

 

Japanese Bombing Rituals:日本の爆撃の儀式

 

J. SERVICE:1941年の夏は最後の、激しい爆撃の時期だった。日本人は何かの理由で重慶爆撃の大半を夏におこなった。41年の夏、天気が良かった日はいつでも、時にはほとんど連日のように、とても激しい爆撃があった。

それはすっかり儀式化されていた。天気が良かったなら、日本人は漢口から、重慶の天気を調べるための偵察機を送るだろう。それがブンブンと周りを飛ぶ音を聞くことができた。そして、およそ2~3時間後、さまざまな警報が鳴り響くだろう。

中国人は素晴らしい空襲警報の組織を持っていた。中国人に大いに賞賛が与えられたが、それはクレア・リー・シェンノートによって組織されていた。あの時シェンノートは中国人のために働いた。これはフライングタイガース、第14航空軍よりも前のことだった。

日本人が、特定の一地域、漢口だけから軍事行動を行ったという事実によって、それは容易になった。彼らは漢口に拠点を建設した。中国人は明らかに、漢口の適切な、現場の付近に、観察者を持っていた。だから彼らは、日本が爆撃の準備をしていた時を知っており、離陸した時や、全ての休日を知らせることができた。観察者は、彼らが重慶から200km、100km、50kmに到達した時を知らせることができた。それまでに知らせを聞いて、みんな地下に行った。

 

LEVENSON:空襲の避難所があった。

 

J. SERVICE:はい。我々は大使館のために1つ持っていた。誰もが避難所を準備するように指示され、命令された。重慶は柔らかい砂岩にあり、掘り下げ易い。

我々は通常、飛行機が見えるまで、それがどこから来たのかを確認できるまで、避難所の外にいた。市内では、あまりにも人数が多いので、警察は地下に行くように要求したが、我々は外に立って飛行機を注視するだろう。もし飛行機が我々のところに来なければ、普段は中に入らないだろう。それでも、中国は高射砲を持っていて砲弾の破片が周辺に落ちてくるので、若干の危険はあった。

私がそこにいた最初の日、ヘンリー・ルース(注:LIFE誌の創立者)、クレア・ブース・ルース夫人と一緒に、飛行機に出くわした。彼らはぶらりと来て大使館に立ち寄り、そして空襲があった。テラスの端から街を見ているルース夫人から約3フィートのところに私は立っていた。ヒューと音がして、まさに我々の間の地面に、指と同じくらいの大きさの、砲弾の破片が落下した。

 

LEVENSON:彼女はどのように反応しましたか?

 

J. SERVICE:彼女はとても良い反応だった。彼女はとても平静だった。私は愚かで無知な間違いを犯した。それが冷えないうちに、あまりにも早くそれを拾おうとした。破片は、とてもとても、熱くなる。