Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

ロバーツ報告書

 

1942年1月に公開された、真珠湾攻撃についての最初の調査報告だそうです。

機械翻訳を利用した個人的な翻訳です。誤訳の責めは負いかねます。

Roberts Commission

 

 

REPORT OF THE COMMISSION APPOINTED BY THE PRESIDENT OF THE UNITED STATES TO INVESTIGATE AND REPORT THE FACTS RELATING TO THE ATTACK MADE BY JAPANESE ARMED FORCES UPON PEARL HARBOR IN THE TERRITORY OF HAWAII ON DECEMBER 7, 1941

ハワイの真珠湾に対し日本軍によってなされた1941年12月7日の攻撃に関連した事実を調査し報告するため、合衆国大統領によって任命された委員会の報告

 

 

It has been well known that the policy of the United States as to affairs in the Pacific was in conflict with the policies of other governments. It was realized by the State, War, and Navy Departments of the United States that unless these policies were reconciled war in the Pacific was inevitable.

合衆国の太平洋政策が他国の政府の政策と対立していることはよく知られている。 これらの政策が和解されなければ太平洋での戦争が避けられないということを、合衆国の陸・海軍省は理解していた。

 

 

If war eventuates with Japan, it is believed easily possible that hostilities would be initiated by a surprise attack upon the fleet or the naval base at Pearl Harbor.

(注:1941年1月24日付、ノックス海軍長官からスティムソン陸軍長官への書簡)

日本との戦争が起こったならば、真珠湾の艦隊や海軍基地に対する奇襲攻撃によって戦闘が開始されることは、確かにありうると思われる。

 

 

The Chicago Sun, Nov. 30, 1941

f:id:kuidaore2017:20171102220647j:plain

Coverage of U.S.-Japanese Tensions, Nov. 30, 1941 - NewseumED