Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

国共内戦

 

Military situation in the Far East  のPart 4, 3594~3595頁から、機械翻訳を利用して翻訳しました。誤訳の責めは負いかねます。

 

 

6.中華民国が合衆国から効果的な軍事援助を受けていれば、彼らは共産主義者を倒したかもしれない

 

1948年初頭、共産主義者の支配から中国が自由であり続けるべきであるなら、すぐに行動する必要があると感じた3人の高官が中国にいた。3人の高官。レイトン・スチュアート大使。ロジャー・ラップハム、ECAミッション主任。オスカー・バッジャー中将。共産主義者の進行を足止めし国民党軍に主導権を握らせるために、何ができるのかを自ら調査するため、彼らは北支へと旅をした。彼らは傅作義将軍の軍隊の体裁、行動、精神、そして傅将軍の軍事の才能に感銘を受けた。

 

この訪問の時、傅将軍は合衆国の高官に語った。「武装した軍で共産主義者を地域から追い払う、それ以上のことはできない。様々な方向からの共産主義者の攻撃に対処するため、常に防衛的な方針のもとに定期的に軍を雇用している。」ところが将軍は続けて語った。「もし訓練された4つの補充部隊のために装備を入手できれば、北東部に攻勢をかけて秦皇島―葫蘆島の回廊を平定できるだろうし、最終的に奉天を解放できるだろう。」「奉天を解放する時に、補給が切断され米国製の軍需品が大いに不足している、中国で最良の部隊(多くは米国式の訓練を受けて装備していた)約30万人の補給路を再び開くことができる。」と彼は説明した。


傅作義将軍とのこの会合の直後、必要な軍需品を具体的に記載した推薦状がJCSに送付され、それは総額1,600万ドルと推計された。それは1948年7月に承認されたが、裁定を実現するための具体的な措置はとられなかった。1948年11月、バッジャー提督は、推薦した装備の約10%を積んだ船が天津に入港しようとしているとの知らせを受けた。「うーん、極めて不十分だ。完全な仕事でないとは酷すぎるが、おそらく士気を上げる効果はあるだろう。」と彼は言った。


積み荷がおろされたのち。 バッジャー提督は傅将軍から武器の欠損の報告を受けた。
延べ480の機関銃の、予備部品、三脚台、その他が欠けていた。トンプソン・サブマシンガンは弾倉か挿弾子がなく、銃弾を装填するための装填機もなく、2,280の軽機関銃に対して、銃架があるものは1,000だけで、わずか1,000の挿弾子しかなかった。この嘆かわしい状況についての傅将軍の批評は、バッジャー提督によれば次のとおり。「前述した武器は良好な状態ではなく、大部分は使用できない。私はこれらの武器が、なぜ不完全な状態で送られてきたのかわからない。」長らく期待されていた武器の積み荷がそのような使用不能な状態で到着した結果、傅将軍の攻撃計画は崩壊した。部隊は完全に士気をくじかれ、バッジャー提督の判断ではこの行為は「我慢の限界を超える出来事」であった。

中国軍が戦うことを拒否したから中華民国が陥落したという神話は、宣誓証言によってまたもや論破された。

 

 

Military situation in the Far East. 3590頁から3601頁にかけての翻訳

注:リンク先の訳文はほとんど推敲しないまま書き込みしたものです。このブログに書いている翻訳よりも更に大きい割合で誤訳が含まれていますので、ご注意ください。