Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

第二次上海事変

 

第二次上海事変に関する、英字新聞の部分訳です。機械翻訳を利用した個人的な翻訳です。誤訳の責めは負いかねますので、参考としての利用にとどめてください。

 

 

THE AUCKLAND STAR, AUGUST 13, 1937

OUTBREAK OF WAR SEEMS INEVITABLE.―戦争の勃発は避けられないようだ
極東の危機. 日本の爆撃が想定される. 中国は戦闘を強制した.

ロンドン発、8月12日
ロンドンの日本大使館の関係者は「大規模な敵対行為の勃発を避けられないようだ」と述べた。数時間後、「中国には自衛措置を採り侵略に抵抗する以外の選択肢はない。今後の事態の進展の責任は完全に日本にある」との中国外務省の声明が、南京からロンドンに届いた。

日本の次の措置は、軍の撤退の拒否に続いて拒否が繰り返される中での、最後通牒を伴った艦砲射撃または空爆になるだろうと、上海は予想している。
陸海軍の大臣と外務大臣首相官邸で協議した東京では、最も深刻な見解が採られたと、日本からの報告は示している。協議の後、杉山陸軍大臣は陸軍長官を呼び出し、決定された事項について話し合った。

 

Yangtse Blocked.―揚子江の封鎖
杉山将軍は天皇陛下に謁見した。内閣は明日の朝に緊急会議を開く。同盟通信社は、中国軍が上海の日本人街に集まっており、戦闘は避けられないと報じている。

蒋介石元帥の第88師は上海-南京の鉄道に沿って配置され、上海に向かって移動している。

ロシアの義勇兵は今夜、日本租界である虹口区の西にある、五ヶ所のトーチカに人員を配置し、上海の15の門を閉めた。中国軍は旧式の船で揚子江下流を閉鎖し、日本の海軍の移動を妨げる目的で航路標識を取り除いた。
日本の駆逐艦と輸送船が5隻以上、そして1000人の兵士が到着した。

日本人は現在、北京の北西に位置する居庸関を占領している。中国人は丘陵地帯に逃げてしまったので、彼らを追い払うことは難しいだろう。

 

 

THE AUCKLAND STAR, AUGUST 14, 1937

CHINESE ATTACK.
日本人. 上海で. 天候は航空機の使用を妨げる. 時宜を得た攻撃.

上海発、8月13日

中国の歩兵隊と砲兵は、今朝4時20分、日本の司令部に近い、上海北東部の日本の綿工場に同時に攻撃を開始した。日本の機関銃や迫撃砲が応戦した。

日本の公式声明は、中国人が「猛烈に差し迫っている」と認める。日の出とともに、戦闘が激しくなった。

天候が日本の航空機による活動を妨げることが明らかになると彼らは即座に始めたので、中国の攻撃は時宜を得ていた。

 

JAPAN HESITATES.―日本はためらう

蒋の一流の師団が陣を敷く. 増援が駆けつける.

上海発、8月13日

蒋介石元帥の、一流の第87師が江湾区に陣を敷いた。他の中国軍は上海に急いでいる。敵の人数が多くて勝ち目がない日本人は、前進を試みる前に援軍を待っている。

(後略)