Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

HOW WE WON THE WAR(その3)

 

「ライフ」1948年9月6日号、92~97ページからの翻訳です。機械翻訳を利用した個人的なものであり、よって誤訳の責めは負いかねます。おおよその内容を把握するためのものとしてご利用ください。

LIFE - Google ブックス

 

HOW WE WON THE WAR AND LOST THE PEACE

 

Meeting at Potsudam
とはいえ国連は、平和を求める彼らの祈りに対する回答としてアメリカ国民に宣伝された。そして対日戦勝日の後、我々の陸・海・空軍の迅速な復員と、「余剰の」武器の廃棄を正当化するのに国連の存在が用いられた。もし、その後は戦争が無くなることになっていたのなら、なぜ我々に軍事力が必要だったのだろうか?またもやアメリカ国民は欺かれ、我が政府は、武器、軍需品、飛行機、その他の機器を廃棄した・・ヨーロッパやアジアの友人達は今日、それを猛烈に必要としている。

 

トルーマンが1945年4月に大統領に就任したとき、アイゼンハワー将軍の指揮下にあるアメリカ軍、イギリス軍、フランス軍は、東から進んでいた赤軍よりもはるかに早くドイツに進軍しており、アイゼンハワーは容易にベルリンを占領することができた。ソビエト政府はポーランドルーマニアについて我々と結んだ協定を破っていた。ソビエト政府に我々と合意した協定の実施を促し、協定の実施を開始するまで掌握するため、トルーマン大統領はアイゼンハワー将軍にベルリンだけでなく、ドレスデンプラハ、さらにはドイツのより広い地域、チェコスロバキアオーストリアなど、占領できる限りを占領するように命じることができた。しかしトルーマン大統領は赤軍にベルリンを占領させるよう忠告された。それは実際のところ命令だった。さらには、大統領にはその時(若しくはそれ以前、またはその後)、ドイツにおけるアメリカの占領地帯はアメリカ軍によって管理された陸の回廊地帯でベルリンと結ばれなければならない、と主張する先見の明が無かった。その結果1948年9月現在、木製の門に立っている2人の赤軍兵士はトラックがベルリンに向かうことを妨げ、ソ連の鉄道警備隊は我々の列車がベルリンに入ることを阻んでいる。

 

1945年7月17日、トルーマン大統領は顧問のジョセフ・デイヴィスとともに、ポツダムスターリンと面会した。そこで最初の原子爆弾ニューメキシコ州に投下され、完全な成功であったと大統領は知らされた。しかし彼がスターリンに立ち向かうことはなかった。ソビエト連邦によるケーニヒスベルクと東プロイセンの一部の併合に彼は同意した。賠償問題についてトルーマン大統領を代理したエドウィン・ポーリー氏は、ソビエトの支持者に騙されて、オーストリアにある全ての「ドイツの資産」をソビエトが受け取ることができると合意した。ソビエト政府は、ナチスオーストリアの工業の大部分を押収したので、それらの工業を受け取るべきであること・・そして押収すること・・にトルーマン大統領がポツダムで合意したと主張した。ポツダムにおいてトルーマン大統領は、ソビエトが望んだ時にドイツの占領地から撤退することによって同様の賠償を得るべきことにも合意し、さらには「そのような工業資本設備の10%はドイツの平和経済にとって不必要なものとして西側地域から取り除かれるべきであり、一切の見返りを伴うことが無い賠償の会計の下にソビエト政府に譲渡される」。

 

A remarkable proposal
この条項の奇妙な言い回しは、トルーマン大統領がドイツについて何をしたいのかを分かっていなかったという事実に一部起因している。ルーズベルト大統領は我々の政策を、ドイツが酷い混乱に陥る方向で置き去りにした。彼とチャーチルは疲労で倒錯した瞬間、ヘンリー・モーゲンソウとアメリカ財務省の役員らが準備した計画に承認を与えた。これには次の注目すべき提案が含まれていた。「ルール地域・・ここにドイツの工業力の核心がある。この地域は、現在存在するすべての工業が取り除かれなければならないだけでなく、すぐに工業地域となることができない程度に弱体化され管理されさければならない」。次の手順でこれを実現する。「短期間のうちに、できれば戦闘の停止後6ヶ月以内に、軍事行動によって破壊されなかったすべての工業施設および設備は完全に解体され、損害賠償として連合国に輸送されるべきである。鉱山からすべての設備が取り除かれ、鉱山は閉鎖されるべきである・・」。

 

ハル長官とスティムソンは、この "モーゲンソープラン"に積極的に反対した。彼らはそれがヨーロッパとアメリカ、いずれの利益にも反していると考えた。彼らはルールの天然資源および工業施設は、ヨーロッパ全体の利益のために、保存され・利用可能でなければならない生産的機械の不可欠な部分を構成していると主張した。そのうえ、ルールで石炭や工業製品を生産しないようにさせたならば、アメリカの納税者はドイツ人を飢えさせないために毎年数億ドルを提供しなければならなくなるであろうことが明らかだった。

 

さらにまた、1945年7月のポツダムにおいては、1941年以降の出来事から、スターリンの支配の外に残った諸国が民主主義諸国のヨーロッパ連合を設立することを支援しなければならないのは明らかであった。傀儡ではなく、民主的な政体を持ち、基本的人権が実施された全ての国々・・民主化されたドイツの諸州が含まれる・・にヨーロッパ連合は開かれる。そうしなければスターリンは分散したヨーロッパの国々を一つずつ奪取することであろう。ドイツの戦争犯罪者を吊るした後にドイツ人を自由なヨーロッパの市民として対等に認めなければ、ソビエト連邦が彼らを隷属したヨーロッパの農奴として編入するであろうことも明らかだった。しかしトルーマン大統領はこれを理解していなかった・・そして若干修正されたモーゲンソープランは、ドイツ政策の基礎となった。我々はあらゆる種類のドイツの工場を解体し、ソビエトに輸送し始めた。そして我々は昨年4月までソビエトに輸送し続けた・・スターリンが我々に電車やトラックをベルリン内に派遣することを禁じた後でさえも。

 

トルーマン大統領の欧州政策が賢明でなかったことと同様、彼の極東の政策はいっそう酷かった。1945年の秋、中国大使のパトリック・J・ハーリー将軍はワシントンに戻り、アメリカ国務省と外務省の共産主義者や仲間の旅行者によって彼の仕事が妨害されたと公然と述べた後に辞任した。結果起こった全国的な物議を静めるため、トルーマン大統領は引退したマーシャル将軍に彼個人の代理人として中国へと行くように頼んだ。マーシャルは軍事兵站学の大家であり、中国政府に軍事的助言をする十分な能力があった。もしトルーマン大統領が、蒋介石総統のやり方と協調し、共産主義者の攻撃に対する中国の独立というアメリカの不可欠な利益を守るために彼を南京に派遣したのであれば、彼の助言と、その時太平洋地域に豊富にあったアメリカの軍事供給品は、すべての武装した共産主義者を中国の土地から迅速に放逐することができたかもしれない。