Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

機密のポーランド文書(その4)

 

機械翻訳を利用した個人的な訳ですので誤訳によって生じた損害の責めは負いかねます。おおよその内容を把握するためのものとしてご利用ください。

President Roosevelt's Campaign To Incite War in Europe

 

 

The Documents

今ここに、ポーランド文書そのもののからの広範な抜粋がある。それらは時系列で与えられた。それらは非常に明快な外交文書で、そして雄弁に物語っている。

 

1938年2月9日、ワシントンのポーランド大使、Jerzy Potocki伯爵はワルシャワの外務省に、アメリカの外交政策を策定するユダヤ人の役割について報告した。

 

――ルーズベルト大統領と国務省へのユダヤ人の圧力は、ますます強力になっている・・
・・ユダヤ人は現在、全世界を戦争に押し込み全般的な大惨事をもたらすであろう戦争精神病を生み出しているリーダーだ。その気運はますます明らかになりつつある。

ユダヤ人は民主主義国家の定義についてもまったくの混乱を生み出している。彼らは民主主義と共産主義の考えを混ぜ合わせてきた、そしてとりわけナチズムに対する強烈な憎しみという旗印を掲げてきた。

この憎しみは狂乱になっている。あらゆる場所、あらゆる手段で広められている・・劇場、映画館、そして報道。ドイツ人は、全人類を血の海の中に溺死させ全世界を支配しようと欲する、ヒトラーの傲慢の下に生きている国民として描かれている。
ユダヤ人の報道担当者との会話において、戦争は避けられないという冷酷で確信した考えに私は何度も直面してきた。この国際的なユダヤ人集団は、あらゆる種類の国家間の整理と理解に関するどのような動向にも反対するために、あらゆる宣伝手段を利用する。このようにして、ドイツとその衛星国は、ファシズムの形で、「民主主義世界」によって鎮圧されなければならない敵であるという信念は、ここでの世論において徐々にではあるが確実に増大している。――

 

1938年11月21日、Potocki大使は、たまたまワシントンに戻ってきたブリットとの会話をかなり詳しく検討する報告書をワルシャワに送った。

 

――おととい私は、休暇でここにいるブリット大使と長い会話をした。彼は、彼が大いに楽しんだ仲間の、パリのLukasiewiczポーランド大使との間に友好関係があると述べることから始めた。

ブリットはルーズベルト大統領に、欧州での、特にロシアについての国際情勢について定期的に報告しているので、彼の報告は、ルーズベルト大統領と国務省から大きな注目が払われる。
ブリットは精力的に、面白く話す。それにもかかわらず、欧州での出来事に対する彼の反応は、政治家というよりもむしろジャーナリストの見解に似ている・・

ドイツ、そしてヒトラー首相について、彼は大きな熱情と強い嫌悪とともに語った。彼は、軍隊、そして最終的には戦争だけが、ばかげたドイツの膨張主義の前途に終止符を打つであろうと言った。

この来るべき戦争をどのように心に思い浮かべたのかと尋ねる私の質問に、彼は、とりわけアメリカ、フランス、イギリスは、ドイツ勢力を阻止する立場になるために猛烈に再軍備しなければならない、と答えた。

さらにまたブリットは断言した・・その時になって初めて、機が熟した時、人は最終決定に対する準備ができていることだろう。おそらくドイツはイギリスとフランスを最初に攻撃しないであろうから、いかにして争いが起こるだろうかと彼に尋ねた。この組み合わせ全体の中の接続点を私はまったく了知することができなかった。

民主主義諸国が完全武装するまでに絶対的に2年が必要だった、とブリットは答えた。そうしているうちに、ドイツはおそらく東に向かって膨張を伴い前進したであろう。ドイツ国とロシアの間の東方で武力衝突が勃発することは、民主主義諸国の願いであっただろう。ソビエト連邦潜在的な強さがまだ知られていないので、ドイツは出発点からあまりにも遠くまで移動したということが起こるかもしれない、そして長期の弱体化する戦争をする運命にあったことだろう。その時になって初めて、民主主義諸国はドイツを攻撃しドイツに降伏を強いるであろう、とブリットは言明した。

アメリカはそのような戦争に参加するのであろうかとの私の質問に答えて彼は言った、「疑う余地なくイエス、しかしイギリスとフランスが最初に解き放たれた後のみだ!」。アメリカ国内の感情は激しい反ナチズム・反ヒトラー主義だった、それは今日アメリカ人の間に流行している1917年のアメリカのドイツに対する宣戦布告の以前に似た精神病だった。

ブリットは東欧の状況について十分に良く知らされているという印象を与えなかったし、彼はむしろ表面的に会話した。――

 


1939年1月9日、Potocki大使のワシントンからの報告は、大部分、ルーズベルト大統領の年頭教書を扱った。

 

――ルーズベルト大統領は、独裁的な政府、とりわけドイツと日本は、力の政策しか理解していないという前提で行動する。したがって彼は、それら相手からの将来の一撃に対応することを決めた。これは最近のアメリカの措置によって証明されてきた。

アメリカの大衆は、常に不安にさせる宣伝・・ユダヤ人の影響下にあって戦争の危険の亡霊を絶え間なく呼び出す・・の支配下にある。このため、昨年と比較して、アメリカ人は外交政策の問題に関する意見を大きく変えてきた。――