Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

機密のポーランド文書(その10)

 

機械翻訳を利用した個人的な訳ですので誤訳によって生じた損害の責めは負いかねます。おおよその内容を把握するためのものとしてご利用ください。

President Roosevelt's Campaign To Incite War in Europe

 

 

 

Powers Behind The President
ルーズベルト大統領は、強力な味方からの助けがなければ、ヨーロッパで戦争を扇動することはほとんどできなかった。彼の背後には、利己的な国際金融と、ドイツの破壊を決意したユダヤ勢力が立っていた。真珠湾攻撃に先立ち、欧州戦争へのアメリカの関与のための公衆の支持を呼び集めた主な組織は、巧みに名付けられた”同盟諸国を支援して米国を防衛する委員会” [Committee to Defend America by Aiding the Allies] だった。ルーズベルト大統領自身が設立を開始し、主要な政府職員は委員会の指導者と頻繁に相談した。

 

カンザス州の小さな町の初老の新聞発行者、ウィリアム・アレン・ホワイトが、当面はトップであったけれども、実際は、アメリカの巨大軍需産業への抜け目ない投資と、追い詰められたイギリスへの貸し付けからの、途方もない利益に固執した、強大な金融勢力によって委員会は組織された。1940年末、ウェストバージニア州上院議員、ラッシュ・D・ホルトは委員会の詳細な検査を行い、それは、理想主義的な響きのスローガンの背後にある支持母体の勢力を暴露した。

 

――委員会は、銀行、保険会社、金融投資会社、および工業会社との強力な関係を持つ。これらは、大学の学長や教授、同様に新聞・ラジオやその他の報道手段に、次々と影響を与える。グループによって使用された強力な影響の1つは、”400”と社会の趨勢だ。そのあらすじは公益についての背信行為というさもしい描写だ。

強力なJ.P.モルガン勢力は、大英帝国における持ち株を伴って、組織化の計画を助け、最初の費用を寄付した。――

 

委員会で活動する重要人物の一部がホルトによって明らかにされた。

Frederic R. Coudert:第一次世界大戦中の合衆国における英国政府の有給の戦争宣伝者。ロバート・S・アレン:ピアソンとアレンの、多数の新聞に同時配給されていたコラムの人物。ヘンリー・R・ルース:タイム、ライフ、フォーチューン誌の影響力のある発行者。フィオレロ・ラガーディア:性格が激しいユダヤ人ハーフのニューヨーク市長。ハーバート・リーマン:軍需産業における重要な金融上の持ち株を持ったニューヨーク州ユダヤ人知事。フランク・アルツシュール:軍需品・軍用品企業に手広く持ち株を持つ、ユダヤ投資銀行ラザードの役員。

 

もし委員会が合衆国を参戦させることに成功した場合、「アメリカの少年達は、暴利屋、政治家、愛国のために血を流すであろう。もし戦争が起これば、ホワイトの委員会の後援者の手は血塗られるだろう・・不必要な戦争で殺されたアメリカ人の血」とホルトは警告した。

 

1941年3月、委員会の財政的後援者の大部分のリストが公表された。それは、アメリカを欧州戦争に持ち込むことを熱望している力の素性を明らかにした。強力な国際銀行の事業者達が申し分なく示された。J.P.モルガン、ジョン・W・モルガン、トーマス・W・ラモント、その他の偉大なモルガン金融会社が記録された。ニューヨーク金融界からの他の重要な名前には、ポール・メロン夫妻、フェリックス・M・ウォーバーグ、ジェームズ・F・ウォーバーグ、J. Malcolm Forbes。シカゴの百貨店のオーナーで出版業者(訳注:シカゴ・サン紙を含む)のマーシャル・フィールドは寄付者、同様だったウィリアム・アヴェレル・ハリマン、後にモスクワでルーズベルトの大使を務めた鉄道と投資の億万長者。

 

もちろん、ユダヤ人の名前は長いリストのかなりの部分を占めていた。ハリウッド映画のツァー[ロシア皇帝]、サミュエル・ゴールドウィン・スタジオのサミュエル・ゴールドウィンがいた。加えて国際婦人服労働組合の会長、デイヴィッド・ドゥビンスキー。巨大なコロムビア放送のトップによって設立されたWilliam S. Paley財団は、委員会に貢献した。ニューヨーク州知事、ハーバート・リーマンの妻の名前もリストに載っていた。

 

組織化されたユダヤ人集団との親密な関係についての理解がなければ、ルーズベルトの政策はほとんど理に適わない。ユダヤ人歴史家としてルーシー・ダビドビッチは特筆した。「ルーズベルト自身が彼の前後に、その他の会長[社長]よりもユダヤ人を、彼の直接のサークル[団体]に連れてきた。フェリックス・フランクファーター、バーナード・M・バルーク、ヘンリー・モーゲンソウは、彼の親密な顧問だった。ベンジャミン・V・コーエン、サミュエル・ローゼンマン、デイビット・ナイルズは彼の友人であり、信頼できる補佐官だった」。これはおそらく、ルーズベルトの1/8がユダヤ人の家系と伝えられていることに照らすと、さほど驚くべきではない。


リンドバーグの日記、1941年5月1日の記入で、アメリカ人パイロットのヒーローであり平和の指導者である彼は、アメリカ合衆国を戦争へと追い込んでいた提携団体を暴いた。

 

――参戦の圧力は高く、しかも日一日と高まりつつある。民衆は参戦に反対だが、行政府はそれに反して「勝手気ままに振る舞い」、参戦への姿勢を固めた気配が感じられる。この国におけるユダヤ勢力の大半は参戦を支持しており、しかも彼らはわが国の新聞やラジオの大部分と、映画の大半を支配下に置いているのだ。また例の”知識人”とか”イギリスびいき”とか、また自由自在に活動するイギリスの工作員、国際的な金融勢力、その他大勢が控えているのである。――

 

ジョセフ・ケネディユダヤ人勢力についてのリンドバーグの懸念に同調した。戦争が勃発する前、「我々の報道を支配するユダヤ人」と、彼が平和と繁栄の脅威と考えた概して世界ユダヤ人集団に対する懸念を、彼は私的に表明した。戦闘行為の開始直後、ケネディは「報道やワシントンの中の増大しつつあるユダヤ人の影響力が戦争の継続を要求している」と嘆いた。

 

 

リンドバーグの訳は、リンドバーグ第二次大戦日記 (上) 角川ソフィア文庫 p.350 より