機密のポーランド文書(その12・完結)

 

機械翻訳を利用した個人的な訳ですので誤訳によって生じた損害の責めは負いかねます。おおよその内容を把握するためのものとしてご利用ください。

President Roosevelt's Campaign To Incite War in Europe

 

 

 

President Roosevelt's War
1941年4月、ノースダコタ州のジェラルド・ナイ上院議員は、いつか第二次世界大戦ルーズベルトの戦争として記憶されるだろうと予言した。「この戦争に我々がいつか関わることがあれば、将来の歴史家によって”大統領の戦争”というただ一つの題名でそれが呼ばれることであろう、なぜなら彼のシカゴでの隔離声明[1937年10月5日]以来、あらゆる面において戦争に向かっているからだ」。

 

偉大なアメリカの歴史家であるハリー・エルマー・バーンズは、ルーズベルトの干渉がなかったならば、戦争はおそらく1939年に予防されたかもしれないと信じた。「実に、ルーズベルト氏の、イギリス・フランス・ポーランドへの圧力が、そして1939年9月以前のそれらの国、とりわけイギリスに対する彼の約束が、そして彼の手先の工作員ウィリアム・C・ブリットの無責任で奇怪な行為が無かったなら、おそらく1939年には世界大戦が・・あるいは、おそらくその後何年にもわたって・・起こらなかったであろうことの、まさしく決定的な証拠がある」。

Revisionism: A Key to Peace にバーンズは書いた。

 

――欧州での戦争の勃発に対して、直接的にも間接的にも、ルーズベルト大統領には主要な責任がある。彼が1936年のキャンペーンにおいて熱心な孤立主義の演説をした数か月前・ドイツがラインラントを再占領した1936年3月に、早くも彼はヒトラーに立ち向かうようフランスに圧力をかけ始めた。フランスとイギリスへの圧力は、まさに1939年9月に戦争が始まるまで続いた。1937年10月の隔離演説の後、その音量と勢いが増した。ミュンヘン会談と戦争勃発との間の危機が近づいた時には、ルーズベルトは、ドイツのいかなる要求にも強硬に立ち向かうようポーランド人に圧力をかけ、ポーランド人を断固として支援するようイギリスとフランスに力説した。

もしも、ルーズベルトの激励や、戦争が起こった場合には彼が合衆国の世論を思い通りに処理できれば合衆国はすかさずイギリスの側で参加するだろうとの彼の保証がなかったならば、1939年9月にイギリスが戦争を始めただろうということには重大な疑念がある。

ルーズベルトは戦争が勃発した1939年の前においてでさえ、すべての中立性の外観を放棄し、反干渉主義のアメリカ世論を前にして、欧州の紛争にこの国を関与させるため、できる限り安全かつ可能な方法で迅速に行動した。――

 

フランクリン・ルーズベルトの歴史上の立ち位置について最も知覚の鋭い評決の一つは、スウェーデンの偉大な探検家であり作家であるスヴェン・ヘディンの筆から来たものだ。戦争中に彼は書いた。

 

――新たな世界大戦が起こった経路についての疑問は、1919年の平和条約によって造られた基盤のため、第一次世界大戦後のドイツと同盟国への抑圧のため、またはイギリスとフランスの古くからの政策の延長のため、という原因だけでは解明されない。決定的な圧力は大西洋の反対側からきた。

ルーズベルトは民主主義を語り、それをとめどなく破壊する。彼は、アメリカの生活様式保全や平和の名の下に彼に忠告する者を、非民主的でアメリカ風でないと中傷する。彼は民主主義を、模範というよりむしろ、風刺画に作り変えた。彼は言論の自由について語り、彼の意見を支持しない者を沈黙させる。

彼は信教の自由について語り、ボルシェビキの政策と提携する。

彼は貧困からの解放について語るが、1000万の自国民に、仕事、パン、収容所を提供することができない。彼は戦争の恐怖からの解放について語る一方で戦争のために働き・・枢軸国が彼らと協力していたかもしれない時に、それに対抗して彼の国を煽り立てることで、自国民のためのみならず世界のために働き、そして彼はそれによって数百万を死に追いやった。

この戦争はルーズベルト大統領の戦争として歴史に残るであろう。――


表向き巧みに編成した平和の偉大な人物としてのルーズベルトへの称賛は、1939年に欧州を戦争に陥れたという彼の重大な役割を永遠に隠すことはできない。

 

********


ここに記載された出来事が起こってから今や40年以上経っている。多くの人にとって、それらは忘れたほうがよい過去の、関係の無い部分だ。しかし、フランクリン・ルーズベルトがいかにして欧州の戦争をたくらんだのかの話は極めて関係している・・ 特に今日のアメリカ人にとって。この原子力の時代よりもその過去の教訓が重要であったことはかつてない。少なくとも理解のある少数者が、なぜ・どのように戦争がつくられるのかを理解しない限り、我々は、我々の時代の戦争屋達を抑えるのに無力のままであろう。

 

 

*原文にはこの他、脚注・参考文献・さらに読むための文献が記載されています。