Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

日米衝突とアジアの共産化

 

ソビエト大使・ローレンス・アドルフ・スタインハートと松岡洋右との、1941年3月のやり取りです。

Foreign relations of the United States : 1941:v.4.| HathiTrust Digital Library (p.921-923)

機械翻訳を利用した個人的な訳ですので誤訳によって生じた損害の責めは負いかねます。おおよその内容を把握するためのものとしてご利用ください。

 

 

Moscow, March 24,1941—3 p. m.
[Received March 25—7: 550 a. m.]

 

大統領、長官、長官以下へ。
日本の大使の招待で、私は今朝、松岡と話をする機会を得た。残念なことに彼はまだモロトフと面会しておらず、松岡がベルリンへと出発するわずか数時間前の本日午後遅くにモロトフと面会の約束をしている。彼が同時にスターリンと面会することはかなりありそうな話である。松岡は、ベルリンを訪れるのは主として、まだ面会していなかったヒトラーとリッベントロップと面識を持ち、「彼らを評価」することが目的であると強調した。同盟から6ヵ月が経過してもヒトラーとリッベントロップと個人的に面識を持ったことがないのは三国同盟に調印した一国の外務大臣として不合理だと思えたし、彼らが心に抱いていることと彼らの計画がどのようなものであるのかを個人的に正確に聞きたいと望んでいる、と彼は語った。ソビエトに対するドイツの意図を知ることは日本にとって極めて重要であるため、ソビエト連邦に攻撃するつもりであるのかどうかをヒトラーに率直に尋ねるつもりだ、と松岡は語った。私は、松岡がモスクワに帰還した際のいかなる決断も、ドイツがソ連に対する攻撃を企図しているかどうかというベルリンで与えられた情報に基づくであろうと判断する。


私が松岡にヴィシー[政権]を訪問する意思があるかどうか聞いたところ、彼はそうしたいと言い、そして「もし嘘をつくことで、松岡が自由にできる限られた時間の範囲で手配できたとすれば」占領された国々のいくつかの首都を訪問することを考えているとも。

 

松岡は戦争の進捗に関する限りにおいて、潜水艦や航空機によってイギリスの輸入を大幅に阻害する能力においてドイツ軍に大きな優位があるとの見解を表明したが、イギリスの立場を絶望的だと感じているという印象は与えなかった。彼は欧州と極東、両方の新秩序のテーマについて「いくつかのアイディア」を持っていると述べ、そしてまた彼の反応では【原文注:明らかに一部が脱落している】彼が目指す世界平和の一般的なテーマについても。


極東に関する限り、日本はシンガポールや、オランダ・イギリス・アメリカの所有物を攻撃する状況にないだろうと強調し、日本は領土的野心がないと主張した。彼は、フィリピンの領土的な完全性や独立性を保証について、いつでもアメリカに加わる用意があると述べた。日本の領土的野心の欠如の証拠として、タイと仏領インドシナとの紛争における彼の調停という結果に言及した。松岡は、日本がアメリカと戦争になることは無いであろうと述べた。彼が読んだアメリカの歴史はアメリカが他国との戦争を始めたことを示しているし、もし紛争が発生すべきであるならアメリカの積極的な行動の結果としてのみ起こるはずである、と彼は付言した。

 

松岡は、中国での戦争をできるだけ早期に清算したいとの彼の熱望を表明した。蒋介石はアメリカの援助に依拠しているし、大統領は、蒋介石にその方向で影響力を行使したならば、全ての関係者が満足できる条件でいつでも支那事変を終わらせる立場にあったと述べた。私が彼に、蒋介石が完全に受け入れることができ、かつ、大統領が承認するであろうと彼が確信する条件を内心に描いているのだろうかと尋ねると、彼は最近、大統領と話し合うため、支那事変を終結できるかもしれない条件を議題に取り上げるよう野村[大使]に指示した、と語った。彼は今が「政治家が果断な行動をなす」時であって「重要なのは小事ではなく大事」であると語り、支那事変を終結できるかもしれない条件について野村と話し合うことで「極東全体の状況を解決する」素晴らしい機会を大統領は得た、という見解を表明した。
そうして彼は下記のコメントをした。
ルーズベルトとハルが私を信用してくれることを願う。私は過去数年間、彼らが信用していなかったことを非難しないけれども、もし彼らが私を信頼するなら、私は、我々が領土的・経済的な野心を持っていないことを証明するつもりだ。もし我々皆が合理的だと思い合意に達したなら、私はそれを成し遂げるため日本の抵抗勢力と闘うであろう」。


この陳述への回答として私は、誤解や偶然を残さないよう、中国との戦争を終結させるための基礎として彼が心に抱いていることを正確にするため、最もはっきりとした指示を野村に与えることを提案しただけである。この時、彼は、内心に抱いている条件が「受け入れられるだろう」と再び強調した。

 

スズとゴムの供給が妨げられる恐れがあるとアメリカで述べられたことについて、松岡は、アメリカがそれらの商品を消費するのに十分な唯一の市場であることは明白であるので「ばかげている」し、アメリカへの輸出を妨げることは愚かであると主張した。

 

日本とソ連の関係については、彼は共産主義の排撃に熱心であり、どんなことがあっても日本国民が共産主義を受け入れることは決してないと述べた。彼は、日米間のいかなる衝突もソ連に利益をもたらすだけであり、さらに疑いなく中国に、そしておそらく極東大陸全域に「共産化」をもたらすことになると付け加えた。彼はソビエト政府との政治合意に向けて努力する意思があると率直に認めたけれども、過度の代償を支払うつもりはなく、ソビエト政府をほとんど信頼しておらず、いかなる合意もその目的に適うよりも長期にわたって保つことはないだろうと、彼はほのめかした。日米間の戦争を助長することはソビエトの関心事であり、そのような衝突から日本にもたらされるであろう害悪を十分に認識しているとの見解を表明した。もしアメリカが日本を敗北させたとすれば、アジア大陸全体が「共産化」するけれども、「30年後には日本は以前よりも強くなることであろう」と、彼は付け加えた。


松岡は私に、フィンランドに関してドイツとソビエトとの間に合意が存在すると考える、なんらかの根拠を知らないだろうかと尋ねたが、私は何も聞いたものはないと答えた。彼は、ドイツを妨害するためにバルカンで行動を起こしたソビエトの不履行が、懸念する結果を導いたとの見解を表明した。


松岡の元を離れる際、彼がモスクワへ戻った時に我々夫婦とランチかディナーを一緒しないかと伝えると、「どうせなら私を一晩泊める条件で」ぜひ、と彼は返事をした。少なくとも2~3日間モスクワに滞在するつもりだろうと理解した、と私が驚きを表明したとき、「それは決して確実ではないけれども、私の会談の結果次第である」と彼は語った。


上述の一部または全部を、東京だけに伝えてください。 

スタインハート