Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

アメリカのソビエト承認

 

機械翻訳を利用した個人的な訳ですので誤訳によって生じた損害の責めは負いかねます。おおよその内容を把握するためのものとしてご利用ください。

 

Foreign relations of the United States.... | Hathi Trust Digital Library

(1頁中盤から2頁にかけての翻訳)

ヘンリー・スティムソンからウィリアム・ボーラ。1932年9月8日。

 

当時の私の結論は大まかに次の通り。
極東の状況において、アメリカは国際的な義務の保全のために世界的に重要な戦いをしていた。我々は、国際的な約束を保つ神聖と誠実を支持する中で、条約のために世界中の国際感情を発展させることで、戦争が終わってから交渉されてきた偉大な平和条約を支持しようとしてきた。我々は、力や政治的同盟に近いものを避けて、我々の活動の背後にある国際社会の世論の支持を得ようと努力する専ら穏やかな手段によって、これを行っていた。

もしそのような状況下やこの非常時に、国際義務に関するロシアの非常に悪い評判や、以前の我々のロシアの歴史の様相の強調を無視してロシアを承認したなら、全世界、特に日本は、我々の行動が政治的な便宜によって決定されてしまったと思い込み、そして日本に強い圧力をかける策略だと思い込むだろう。日本との論争でこれまでに持っていた道徳的地位をそれによって失わなければならない。日本は我々を、外交政策の通常の操縦によって反日政策を恣意的に実施しようとした、機会主義の国にすぎないとみなすだろう。この道徳的地位の喪失はとても重要となるであろうから、我々はそのリスクを負う余裕はないと私は感じた。我々自身の動機がどんなに純真であっても、世界の大部分、特に日本によってそれらが誤解されるだろうことは間違いなく、その誤解は、我々が及ぼそうと努力しようとしてきた道徳的圧力の影響の多くを破壊するであろう。

あなたが手紙で言及する日本とロシアの交渉の見込みに関して、それらの影響についての多くの噂を聞いた。一時的な理解が試みられている可能性は非常に高いが、私はそれはまさに一時的なものになるはずだと思っている。満州に関する両国間の敵対は激烈であり、他方との約束におけるそれぞれの信頼の欠如はまさに現実であるため、なんらかの実体がある、ないし永続的な、相互支援や援助の関係に入ることはありそうにない。彼らの利益はあまりにも相反している。前述は現在の多忙下で手元の情報から私が到達できる最良の結論だ。あなたがそうする時間がある時に、それらについてのあなたの批判を私に送ってくれると私は嬉しく思う。(以下省略)

 

 

 

Foreign relations of the United States.... | Hathi Trust Digital Library (p.20)

グルー駐日大使から米国務省。1933年10月23日。

 

大統領とミハイル・カリーニンとの間の覚書の交換の発表はこの地で短いコメントを喚起した。記者会見で次のように外務大臣[の発言]は引用された。

ソビエト連邦のマクシム・リトヴィノフ人民外務委員を、アメリカのフランクリン・ルーズベルト大統領がワシントンに招待したと知った。この件がアメリカによるソビエトの承認へと発展するかどうか疑わしい。もし両国が長年に亘って良好な関係を維持すれば、資本主義と共産主義が一致できるという教訓を世界に教えるだろう。それが実現すれば、日本は共産主義を恐れる必要はないであろう。アメリカによるソビエトの承認は人類史における大きな疑問符である。アメリカとソ連の合意の見込みが極東での日本の立場への圧力を意味すると観察している者がいたとすれば、彼は極東の状況を全く知らない。」

陸軍大臣は、日本にどのように作用するのかわからない、動機は経済であったと思慮する、どのみち両国はいつか外交関係を再開しなければならないと考える、と語ったと述べられた。
このような見方は、この動きを、日本にわずかに影響を及ぼすにすぎず、何らかの形で避けることができない、と明らかに考えている日本国民一般の立場のように思われる。

今朝の報道によれば、パリとベルリンの[関係の]道程に置かれたような解釈や、その行動が日本に反する方向性を示したと日本人が信じている証拠はこれまでのところない。