Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

ルーズベルトと盗聴器(その4・完結)

 

Gary Kern, How “Uncle Joe” Bugged FDR 『どのようにスターリンルーズベルトを盗聴したのか』の翻訳です。

機械翻訳を利用した個人的な訳ですので誤訳によって生じた損害の責めは負いかねます。おおよその内容を把握するためのものとしてご利用ください。

 

 

At the Tsar’s Palace
1945年2月のヤルタ会談は、スターリンに対する誠意を証明する第二の機会をルーズベルトに与えた。それはソビエト領のクリミアで開催された。かつての皇帝の夏の住居であった、広々としたリヴァディア宮殿に、FDRのための特別な客室が用意された。建物は古かったけれども、隅々までの新しい調度品は、アメリカ代表団のあらゆる会話が聴取局へと送信されるかもしれないとの疑念を提起したはずだ。FBIによるモスクワ・アメリカ大使館の捜索で、前年、120個の隠しマイクが検出されており、その後も時々、家具や壁、そのほか目立たない場所から新たな装置が見つかった。大統領や側近は情報を与えられていたので、代表団はリヴァディア宮殿でのプライバシーを疑問視したことだろうと、人々は推測するかもしれない。だがルーズベルトはジョゼフ・E・デイビーズの精神のままであった。

 

英国の代表団は20キロ離れた、同様に設備が行き届いたヴォロンツォフ宮殿に腰を落ち着けた。物語はふたつのバージョンがある・・レモン果汁がこのジントニックと調和するだろうにとチャーチルが言ったか、または、レモン果汁がこのキャビアと調和するでしょうと娘のサラが口にした。翌日、起床したイギリス人は、レモンの木が庭園に育っていることに気が付いた。

 

スターリンは、ワシントンにもロンドンにも、彼を欺く機会を与えていなかった。FDRとチャーチルの、気前の良い数多くの親善の表明に満足せず、スターリンは米国務省と英外務省にスパイを持っていた。彼には雇われスパイでアメリカ代表団の一員、アルジャー・ヒスがいた。ブリットはヒスと弟のドナルド・ヒスはスパイであるとルーズベルトに警告したが、大統領は何もしなかった。スターリンはまた、大統領顧問であり、NKVDが自発的スパイと看做していたと言われるほどに「ロシア」に肯定的だった人物、ハリー・ホプキンスをも当てにすることができた。さらには、スターリンには、酷く患い・障害を持ち・準備不足で・臨床的に鬱だったかもしれず・見知らぬ土地にいる大統領、加えて、三人の中で最も軽視されていると強く意識しており不満を抱いていた英国首相が与えられた。それでも十分ではなかった(彼は更なる強みを欲した)ので、スターリンは盗聴器を置いた。

 

Eyewitness
テヘランでもヤルタでも、スターリンの通訳は、レニングラード出身の栗色の髪がなびく、整った身なりで礼儀正しい若者、ヴァレンティン・ベレジュコフだった。1998年3月、背すじが伸びて前かがみではあったけれども、白髪が風になびくベレジュコフは、スターリンについての会議で基調演説を行うため、カリフォルニア大学リバーサイド校にやって来た。私は観客席に座りながら、スターリンのFDRに対する盗聴についての疑問を解決する千載一遇の機会に気が付いた。数年前、私はテヘランでの監視についての記事をニューヨークのロシア語新聞で読んでいた。著者のセルゴ・ベリヤは、悪名高いソビエト公安の長官、ラヴレンチー・ベリヤの息子であると主張した。けれどもベリアの息子についての報告書が矛盾していたため、記事を信用しても良いのかどうか、私はわからなかった。万一知っている者がいるとすれば、それは、ビッグスリーの二会談の数々の写真・ほとんどのフィルム映像に姿が現れる、ベレジュコフだと私は推論した。

 

ほとんど完璧な英語によるベレジュコフの講演の後、私は立ち上がって彼に尋ねた。「ルーズベルト大統領はヤルタとテヘランで盗聴されたのでしょうか?」。少しの間、彼は静止し、考え、そうして昔の場面が思い浮かんだ時に急に喜色満面になった。「イエス、彼は盗聴された」彼は笑った。「そして話し手の名前は手書きされた」。

 

以後二日にわたる更なる質問(英語とロシア語で)によって、詳細が明らかになった。ヤルタでもテヘランでも、ベレジュコフは毎朝、諜報部から、アメリカ代表団の前夜の会話の写し一式を受け取った。それから彼は、その日の会議のためのスターリンの準備をなすリーダーとして、写しをスターリンと共有した。テヘランでは、その写しは英語で書かれていたので、ベレジュコフはスターリンに口頭で翻訳しなければならなかった。彼がそれを思い出したように、各項目には、ロシア語で手書きされた話し手の名前とともに空白の行があった。

 

“Ear-witness”
この記事の準備を支えたベレジュコフは、1998年9月に心臓手術を受け、同年11月に亡くなった。ちょうどその時、彼の秘密の知識は、同僚から予期せぬ裏書を得た。

 

1998年の終わり、CNNは冷戦時代に関する1200万ドルの連続番組の一回目を放送した。番組の初回には、テヘランでの盗聴に言及した1993年の記事の著者、セルゴ・ベリヤのインタビューが含まれていた。1924年生まれのベリアは、1953年末にスターリンの後継者らによって処刑された、恐ろしい秘密警察長官の息子であった。その後40年、セルゴは Sergei Gegechkori という偽名を使って暮らした。ソ連が崩壊した後、彼は思い切って実名に戻した。CNNのインタビューのほかに、彼は2001年に登場した Beria, My Father: Inside Stalin’s Kremlin という表題の本を執筆した。

 

ベリヤの盗聴の説明はベレジュコフのものと一致している。ベレジュコフのように、ベリヤはロシア語に加えて英語とドイツ語を知っていた。彼はまた父親やスターリンのようにグルジア語も知っていた。彼は若い頃、テヘランでNKVDの暗号事務員として働き、ドイツの組織からのメッセージをモスクワの施設へと伝えていた。テヘラン会談の前、人物に対する非凡な記憶力を持っていたスターリンは、モスクワに集められた諜報チームにセルゴ・ベリヤを加えて、バクー経由でテヘランへと派遣した。スパイ網が十分に確立されていたので、スターリンはFDRやチャーチルが提案した予定地を覆してテヘランを選択したようだ。ソビエト大使館では、スターリンは、賓客の監視に関わった各々と私的に面会し、そしてベリヤに特別な命令を与えた。スターリンが望んだドイツに対する第二戦線について、アメリカの支持を得たかったし、チャーチルは異なる意見を持っていると知っていたので、スターリンルーズベルトが考えていることを全て把握しなければならないとベリヤに述べた。スターリンは、常時盗聴するため、大統領の居住宿舎にベリアを割り当て、語られたことは何でも書き留めた。装置は既に仕掛けられていたとベリアは本に書いているけれども、装置の数や、彼が直接聞いたのか録音を聴いたのかについては語っていない。

 

ベリヤは毎朝午前6時に起き、盗み聞きした会話の要約を作成した。そうして午前8時にスターリンと会った。スターリンは語られた内容だけでなく、それがどのように語られたのかにも関心があった。アメリカ人のイントネーション、思案の長さ、語り手の口調をスターリンは知りたかった。ベリヤによると、スターリンは、すべての報告書を諜報チームから集めつつ、毎日の会議のために極めて慎重に準備をした。スターリンの机はいつも、機密書類、記録文書、質問のリスト、などが山のようになっていたことにベリヤは気付いた。だが会議では、スターリンは、退屈、無関心、時にはぼんやりしているように見えた。

 

ベレジュコフとベリヤの説明をまとめると、2人は異なる職務を行ったことが分かる。最初に、書き写されたものを一言一句そのままに読む。次に、彼が聞いたことの要約と個人的な印象を伝える。疑いなく他の諜報チームがその他の詳細を報告した。ルーズベルト担当の他のメンバーかもしれないし、その記録の特定部署、あるいは特定の時間帯だったかもしれない。このようにして、スターリンは会話を学習した。その多くは、あらゆる観点から、歯に衣を着せない、機密情報だったことはほぼ間違いない。彼はアメリカ大統領をピンで留め、検査し、虫眼鏡の下の標本のように分析した。

 

ベリヤは彼の本で、アメリカ代表団がテヘランで盗聴装置を発見できなかったことに誇りを持って言及する。不思議ではない。彼らがソビエト大使館の壁を探ることはとてもできなかった。けれどもFDRのスタッフが、おそらく聞かれているよと警告したので、ルーズベルトはその問題に気付かざるを得なかった。時々ベリヤは、FDRはマイクロフォンを介してスターリンに直接話しかけようとしていると考えたが、その方法はスターリンに疑心を引き起こしただけであった。「あなたはどう思う、我々が彼らの話を聞いていることを彼らは知っているだろうか」FDRはベリヤに話しかけた。セルゴは結論を出すことをためらった。「これは奇妙だ」スターリンは続けて言った。「彼らはすべてを、最も詳細に語っている」。会談後の12月20日スターリンは申し分のない皮肉とともにルーズベルトに手紙を書いた。「運命があなたをテヘランでもてなす機会を私に与えてくれたこと」に感謝した、と。

 

Yalta Refinements
ベレジュコフによると、ヤルタ会談ソ連領で開催され、より多数の人員を利用できたので、ソ連は第二の会談で技術的運用を改善することができた。そこではロシア語で記録が作成されたので、スターリンは朝食時にそれらを自分で取って読むことができた。過労、過食、過度に酒を飲んだ外交官達が居眠りする傍ら、外交官の会話を翻訳し・抽出する、NKVDの一部による夜通し・早朝の膨大な努力を想像することができよう。監視チームは、普段の食事よりもはるかに良い、豪華な宴会の食べ残しによって報いられた。確かに、彼らは軽々しく任務を引き受けなかった。失敗により罰せられるかもしれなかった。スターリンはいかなる失敗もないことを望んだ。

 

ベリヤのCNNインタビューは、ヤルタでは、FDRは屋外に出ても盗聴から逃れることができなかったことを明らかにした。付き添いが彼の車椅子を押し、チャーチルが傍に付き添っていた間、NKVDは遠くから聞いた。ベリヤは詳しく物語った。「我々は、聴くために50~100メートルの距離にマイクロフォンを向けるシステムを既に持っていたし、周囲に騒音はなく、すべてが静かだったので、これらの会話はすべて、とてもよく録音され、後ほど翻訳されて処理された」。

 

ヤルタでは、ベリヤ自身、テヘランよりも先進的なマイクを精力的に使用した。ルーズベルトチャーチルとが私的に会った時、FDRがチャーチルをさえぎって、それらは既に決定されていると言いながら、問題を議論することを拒否したことをベリヤは思い出した。スターリンは、盗聴された賓客の声の調子や抑揚につき、もはや気にかけていなかったとベリヤは付け加えた。スターリンは、彼が優位を保っており、戦後期にはビッグスリーの劣位の二人に指示することができると確信していた。

 

ベレジュコフは出来事を振り返り、彼が読んだうち、センセーショナルな内容を含んだ記録を思い出すことができなかった。それらは普通の外交的議論で満ちていた。主催のソ連についての多くの社交辞令を含んでいたことを彼は思いだした。川岸にある、由緒あるミッション・イン・ホテルを散策しながら、「おそらくアメリカ人は、彼らの部屋のマイクロフォンを薄々疑って、スターリンに聞かせたかったことを語った」とベレジュコフは示唆した。ベレジュコフは、盗聴がその独裁者に多くの利点をもたらしたとは思わなかった。「毎日の会談の数時間前に彼らが何を考えていたかを知ること・・どれほどの違いをもたらしうるだろうか?」。ベリヤは対照的に、同盟国が考えていたことや、個人的に、ないし半ば個人的に話していることを事前に知るのは明白な利点と考えた。

 

Potsdam
ベレジュコフは1945年のポツダムでの会談には出席しなかったので、さらにルーズベルトの後任も盗聴されたという可能性についてはコメントできなかった。だが盗聴の他に、どのようにその準備を理解することができようか?スターリンが都市を選び、デイビット・マカローが詳細な大統領の伝記で物語るように、ハリー・S・トルーマンが彼の宿泊施設に入る前に、ソビエト兵が敷地内を占拠してそこに住むすべての人々を追い払い、主人を殴りつけて珍しい本や手書きの本[印刷技術が発明される前の]を含んだ所有物をすべて取り除き、グランドピアノや薄暗く調和しない家具に置き換えた。トルーマンや他の者らは、その場所は「悪夢」のように見えると思った。そのような恐ろしい改装作業から、テヘランソビエト大使館でのFDRの宿舎や、ヤルタのリヴァディア宮殿での彼のスイートルームのように、カイザー通り2番地にマイクロフォンが注意深く置かれていたことは明らかだ。

 

セルゴ・ベリヤは確かにポツダムに行った、けれども彼は盗聴に関与していなかった。だが彼は「それは予定表の中にあった」と書いた。トルーマンは、前任者よりも用心深かったけれども、同じ罠に落ちた。

 

Hindsight and History
緻密な監視活動を通じて、スターリンは、彼の外交における対応者の機嫌・意向・態度を知った。彼らの要求と譲歩を把握した。彼らの強みと弱みを判断した。それに従って彼の戦略を設計した。彼らはスターリンを理解していなかったので、スターリンについて同じようにすることができなかった。会議場を管理することも、監視下に置くこともできなかったことは言うまでもない。おそらく、記録は依然としてロシア諜報部の保管庫に存在しており、いつの日か印刷されて現れることだろう。よって、歴史的に言えば、我々もまた、お人よしの大統領を観察し、彼がアンクルジョーにかけた優しい言葉を聞くことができよう。

 

外交は、うわべだけの友人との間で行われた場合でさえも、しばしばポーカーと比較される。ポーカーで、より勝利のチャンスを持っている人・・肌着の近くに彼のカードを持っている人や、鏡の前にカードを持っている人は、そのようにすることで彼は誠意を示していると信じているのだろうか?土地や博愛の贈り物を受け取るまで外国の同盟国を悩ませ恥をかかせることをスターリンが好んだことと同じように・・ルーズベルトは、騙されやすい密使のホプキンズやデイビーズのように、友人を苦しめ破壊することを好む人物に勝つことを望みつつ、彼のカードを見せることを力説した。ルーズベルトが愚かにも望んだように、そのステークス[賭け/区画する]は親善でも世界の調和でもなかったけれども、来るべき冷戦のための境界であった。