シカゴ・トリビューン 8月19日

 

ウォルター・トロハンの記事の翻訳です。Chicago Tribune History
機械翻訳を利用した個人的な訳ですので誤訳によって生じた損害の責めは負いかねます。おおよその内容を把握するためのものとしてご利用ください。

 

 

Chicago Tribune, August 19,1945
JAPS ASKED PEACE IN JAN. ENVOYS ON WAY -- TOKYO
Roosevelt Ignored M'Arthur Report On Nip Proposals
By Walter Trohan

 

アメリカのすべての検閲制限が解除されたことで、日本の最初の和平の申し出が、七か月前にホワイトハウスに取り次がれたことを報じることができるようになった。


ルーズベルト元大統領は、チャーチル首相、スターリン元帥とのヤルタ会議のために出発した、一月の最終週の二日前、のちに彼の後継者であるハリー・トルーマンによって締結された条件と同一の、日本の提案を受け取った。

 

MacArthur Relayed Message to F.D.
異なる五つの申し入れに基づき、日本の提案は40ページの通信文で、マッカーサー将軍によってホワイトハウスに取り次がれた。誇らしげにバターンに戻ったばかりのアメリカの指揮官は、日本の申し入れに基づく交渉を促した。


五つの日本の申し入れのうち、二つはアメリカの通信路を通じて、三つはイギリスの通信路を通じて行われた。すべて、裕仁天皇のために行動していた、責任のある日本人から来たものだった。

 

General's Communication Dismissed
ルーズベルト大統領は、ざっと読んで「マッカーサーは我々の最も偉大な将軍であり、最も劣った政治家である」と批評した後、神についての厳粛な引用を散りばめた将軍の通信文を退けた。


マッカーサーの報告書はヤルタに持ち込まれることすらなかった。けれども司令部のファイルに大切に保存され、のちに日本の降伏を要求する、トルーマンとアトリーのポツダム宣言の基礎になった。


この日本の和平の申し出は、マッカーサー通信文が当地に到達した直後には、シカゴ・トリビューンワシントン・タイムズ・ヘラルドに知られていた。それは、自主的な検閲規定を伴った新聞社の完全な連携、という既成の方針の下では公表されなかった。

 

Must Explain Delay
今やマッカーサーが報告した条件に基づいて和平が結ばれたので、政府高官は、予想される遅延についての議会の説明要求に対処する準備をした。数千人のアメリカ人の死者や死傷者という遅延のコスト、特に硫黄島や沖縄などの犠牲の大きな攻撃により、様々な議会筋から非難が浴びせられるであろうことはほぼ間違いないと考えられた。


高官の間では、マッカーサーが取り次いだ申し出は、先週ベルンとストックホルムの日本の外交ルートを通じて四つの主要連合国に取り次がれるために提示された、最終的な提案とは同じ意味での公的な提案を構成しなかった、と説明されている。

 

誰かが引き受けたとすると、打診者を知らないと推定されていた日本の軍閥が、申し入れをした人々に迅速な罰を科すかもしれないことを恐れたので、その申し出を基礎とした交渉は開始されなかった、と語られた。


軍閥が、天皇を暗殺して、和平の申し出をめぐる激しい憤りの中で天子が地球を逃れたと発表したかもしれないという可能性に、それは支持された。

 

Defeat Seen Inevitable
軍閥に対処するには無力な少人数の集団を除いて、日本は和平の準備が整っておらず、日本がもっと苦しむまで和平が到来することはない、とルーズベルト氏は感じた、と当局者は語った。


敗北は避けられず、日本は不幸な窮地を脱して最善の道を選択しなければならないという認識の下に、日本の提案は作成された・・・ロシアまたはアメリカによるアジアの支配。非公式の日本の和平仲介者達は、後者がはるかに望ましいだろうと述べた。

 

マッカーサー将軍が熟慮した日本の提案は。

1.本国、占領している島や国にある、日本の陸海空軍すべての完全な降伏。
2.すべての武器、軍需品の引き渡し。
3.アメリカの指揮下にある連合軍による、日本の本土および支配する諸島の占領。

 

Would Give Up Territory
4.満州、朝鮮、台湾ならびに戦争中に奪ったすべての領土の放棄。
5.武器、その他の戦争の道具の生産を停止するための日本の産業規制。
6.アメリカが戦争犯罪者として指名した日本人の引き渡し。
7.日本の支配下にある日本本土や地域のすべての戦争捕虜と被収容者の即時解放。

 

ドイツの陥落後、無条件降伏の政策は批判的な攻撃を引き起こした。上院でインディアナ州のケープハート議員(共和党)とメイン州のホワイト議員(共和党)は率先して、和平使節が日本人から受け取っていないのかどうかと尋ね、日本からの正確な条件を要求した。

 

Terms Drafted in July
7月、トリビューン紙は、トルーマン大統領がポツダムへと持って行くため、一連の条項が起草されていると報道した。ケープハートは世界平和への大きな貢献として、報道された条項を上院の議場から歓迎した。


ポツダム宣言に具体化されたこれらの条項は天皇の処分に言及しなかった。その他の点で、条項はマッカーサー覚書に含まれていた提案とほぼ同一だった。

 

日本の降伏の直前、ロシアの外務人民委員は、日本がソ連の戦争の仲介を要請しつつ、モスクワ経由で和平の申し出を行ったことを明らかにした。これらの申し出は6月中旬、ロシア外務省を通じて、および裕仁からスターリンへの直接の手紙を通じて、行われた。どちらの申し出もアメリカとイギリスに報告された。