What the World Rejected(その2)

 

Friedrich Stieve 著 What the World Rejected: Hitler's Peace Offers 1933-1939. からの翻訳です。

機械翻訳を利用した個人的な訳ですので誤訳によって生じた損害の責めは負いかねます。おおよその内容を把握するためのものとしてご利用ください。

 

 

敵対者の明白な破壊的意図の点から見て、アドルフ・ヒトラードイツ国の安全を確保するための新たな措置を講ずる義務があった。1936年3月3日、彼は、ヴェルサイユ以降は軍事的保護を受けていなかったラインラントを占領し、西の隣国が侵攻できる広い門をあちこち閉鎖した。あらゆる相違を解決し全般的に和解するための革新的な訴えと共に、実施を余儀なくされてきた防衛策に、彼は今回も従った。1936年3月31日、彼は以下の和平計画を策定した。

 

「1.欧州の平和を保障する将来の合意に不可侵条約の性質を与えるため、交渉に参加している国々が平等に尊重されたメンバーとして完全に同等の立場に基づく場合にのみ、そのようにする。これらの条約の署名を目指すただ一つのやむにやまれぬ理由は、欧州の平和のための普遍的な認識と合意の明白な実用性の中だけに存しうるのであり、したがって諸国家の社会の幸福や経済的繁栄のためである。

2.欧州諸国の経済的利益に関する不安定な期間を短縮するため、ドイツ政府は、欧州の平和を保証する非侵略条約の署名に至るまでの最初の段階のために四か月の期限を提案する。

3.ドイツ政府は、ベルギー政府とフランス政府とが同じように行為することを条件として、この期間内はラインラントの軍隊にいかなる増援をも加えないと保証する。

4.この期間の間は、ラインラントに駐留している現在地よりも、軍隊が、ベルギーとフランスの国境の近くへと移動しないとドイツ政府は保証する。

5.ドイツ政府は、イギリスとイタリアという二つの保証人国、および利害関係のない第三の中立国によって構成された、この保証を双方に裏付けるための委員会の設置を提案する。

6.ドイツ、ベルギー、フランスはそれぞれ、この委員会に代理人を派遣する権利がある。もし何らかの格別な理由により、この四か月内に生じた軍事的状況の変化を指摘できると考えた場合には、ドイツ、フランス、ベルギーはその観察報告を保証委員会に通知する権利を有する。

7.このような場合、イギリス・イタリアの駐在武官を介してその委員会が必要な調査を行い、参加する列強にその後直ちに報告することを可能にする意志を、ドイツ、ベルギー、フランスは表明する。
8.ドイツ、ベルギー、フランスは、そこから起因した抗議に対して最大限に配慮することを保証する。
9.このほかドイツ政府には、二つの隣国と、完全な互恵主義に基づくドイツ西国境の軍事的制限に応じる意思がある。
10.ドイツ、ベルギー、フランス、および二つの保証人国は、英国政府のリーダーシップの下に早速交渉に入ると同意するか、または遅くともフランスの選挙の後に、一方をフランス・ベルギー、他方をドイツとして、25年の非侵略ないし安全保障条約のための交渉に入ると同意する。
11.この安全保障条約の保証人国としてイギリスとイタリアが改めて署名すべきことにドイツは同意する。
12.これらの安全保障協定の結果として、軍事援助を与えるための特別な契約が生起する場合には、ドイツとしては、そのような契約に進んで参加する意欲を表明する。
13.ドイツ政府は、これらの安全保障協定を補完し強化するための航空協定の締結を、ここに重ねて提案する。
14.ドイツ政府は、オランダが望むのであれば、この西欧の安全保障協定に彼の国をも含めることを厭わないと重ねて言う。
15.何世紀にもわたる紛争に関する和解の締結として、ドイツ・フランス間で自由意思で締結されたこの平和条約に押印するため、ドイツとフランスは、若者の教育、同様に両国での報道や出版物において、悪評、軽蔑的な態度、他国の内政に対する不適切な干渉、いずれであろうと両国の関係を悪化させると推定されるかもしれない、回避されなければならない全てのものを確かめるための措置を講じると誓約する。両国は、報告と調査を目的とし、両政府に優先して受け取ったあらゆる苦情に対応する権能を有する、合同委員会をジュネーブ国際連盟本部に立ち上げることに同意する。

16.この協定に破れない誓約という性質を与える意志を追求するため、ドイツとフランスは、国民投票によってそれを批准すると請け合う。
17.既に提案した非侵略条約を締結する目的で彼らを直ちに招待するため、ドイツの南東、および北東の国境にある国々との連絡を確立する意欲をドイツは表明する。
18.ドイツは、直ちに、またはこれらの協定が締結された後に、進んで国際連盟に再加入する意向を表明する。同時にドイツ政府は、合理的期間の後に、友好的な交渉の方法によって、植民地の権利の平等の問題と、国際連盟規約をベルサイユ条約の根拠から切り離すという問題が解決されることへの期待を表明する。
19.ドイツは、締結された様々な協定の遵守に責任を負うべき国際仲裁裁判所の設置を提案し、その裁定はすべての当事者を拘束するものとすることを提案する。

 

ドイツ政府は、欧州の平和の確保という偉大な事業が締結された後に、制限のない軍事力競争に歯止めをかけるための実践的な取り組みが切実に必要であると考える。ドイツの見解では、これは単に国家の財政や経済状態の改善を意味するだけでなく、とりわけ心理的緊張の低減を意味するであろう。

 

しかしながら、最初から失敗するよう運命づけられているかもしれないので、ドイツ政府は全世界の和解をもたらす試みには信念を持っておらず、それゆえ、実際的な結果を達成することに興味がない国々だけが提案することができる。他方、行われた交渉や、軍艦の備砲の制限に関して達成された結果は、啓発し鼓舞する効果を持つべきであるというのがドイツ政府の見解である。

したがってドイツ政府は、将来の会議は、明確に定義されたひとつの目的を持つべきであると提案する。

 

現時点で最も重要な課題は、ジュネーブ条約によって非戦闘員や負傷者に与えられた保護の道徳的かつ人道的な雰囲気の中に、航空戦を持ち込むことであると考えている。無防備な負傷者や捕虜の殺害、ダムダム弾の使用、無警告の潜水艦戦闘の遂行が、国際条約によって禁じられ、または規制されているように、文明化された人類は、戦闘行為の目標と相反することなく、新兵器の不合理な乱用を阻むことが可能でなければならない。

したがってドイツ政府は、この会議の実質的な作業が即座に行われるべきであるとの提案を提唱する。

 

1.ガス、毒、焼夷弾の投下の禁止。
2.戦闘最前線の中砲の射程外にある無防備な町や村に対する、あらゆる種類の爆弾の投下の禁止。
3.ドイツは、他の欧州諸国の安全保障上の脅威を意味することがないように、ドイツに与えられた平等な権利をまったく実際に穏健に利用すると自由に請け合い、この合意をあくまで支持する。
4.超重戦車の建造の全廃と禁止。
5.超大口径の大砲の全廃と禁止。

 

そのような議論や協定から兵器のさらなる制限の可能性が浮かび上がるとすかさず、それらが活用されるべきである。

ドイツ政府は、国際的に効力のある限り、あらゆるそのような解決に加わる用意があるとここに宣言する。

ドイツ政府は、軍縮への道のりの最初の一歩がなされただけであっても、国家間の関係や信頼の回復、貿易、繁栄に向けて極めて重要になるはずだと信じる。

 

ドイツ政府は、良好な経済状態の回復という普遍的な欲求に従って、なされた提案の精神を尊重し、関係諸国と政治協定を締結した直後に経済問題に関する意見交換に加わる準備ができているし、欧州の経済状況や密接に関連する世界の経済状況を改善するため、ドイツに存する能力であらゆることをなす準備ができている。

 

ドイツ政府は、上に提案した和平計画とともに、独立した国々の間での相互の尊重と信頼に基づいた新生ヨーロッパの再建に貢献してきたと考えている。ここ数年、ドイツがしばしば提案してきた、このようなヨーロッパの和平のための多数の機会は無視されてきた。このヨーロッパの合意を成し遂げようとする試みがついに成功するかもしれない!

 ドイツ政府は、上記の和平計画を提出することによって、この方向で道を開いたと確信している。」

 

今日この包括的な平和計画を読んだ人は、アドルフ・ヒトラーの願望に言わせると、どのような方向にヨーロッパの発展が本当に進むべきであったのかを理解するだろう。ここに、偽りなく建設的な仕事の見込みがあったし、これはすべての国々の福祉のための転換点になったかもしれない。けれども、平和のために独り呼び掛けた彼は、またもや聞く耳を持たれなかった。イギリスだけが、関係する重要な点の真剣な検討を全て回避した、むしろ軽蔑的な質問表で返事をした。ちなみにイギリスは、フランスの保護者を自認し、第一次大戦前と同じようにフランス共和国と定期的な軍事参謀の会談を設けて開始することで、イギリスの本当の意志を明らかにした。