Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

独ソ戦・ヒトラーの説明

 

Documents on German Foreign Policy - Series D - Volume XII - February 1 - June 22 1941.  Internet Archive 1002頁後半から1004頁中盤にかけての翻訳です。

機械翻訳を利用した個人的な訳ですので誤訳によって生じた損害の責めは負いかねます。おおよその内容を把握するためのものとしてご利用ください。

 

 

1941年6月13日付の文書

 

総統は次のように状況の詳細を要約した。
1.バルカンへの進駐を妨害したため、スターリンはドイツを決して許さないだろう。
2.ソ連は、ドイツとロシアの国境に軍隊を集中させることによって、ドイツが自国軍を自由に配置することを阻止しようとするだろうし、従って兆候から戦争へと向かうことが明らかだ。ロシアはドイツに時間を無駄にさせ、イングランドとロシアのために時間を稼ぐことを欲した。
3.欧州における更なる拡大の主要な障害とみなす国・ドイツを攻撃する、類い稀な歴史的な好機として、ソビエトはいかなる弱化でも利用するであろう。さらにスターリンは彼の態度によって日本軍を動けなくさせており、かくして日本がアメリカに対して全重圧をかけることを妨げた。
4.イギリス人を元気づけるため、ソ連は抵抗するであろうと、そして欧州に強力な大陸同盟国の期待をアメリカに与えようと、その態度で努力していた。ロシアはとりわけ、1941年に戦争になることを隠すことができると期待していた。もしそれが事実であってはならないとすれば、ロシアは状況から必要な結論を引き出すことを決断した。

ユーゴスラビアに対するドイツの介入の数日前に、ユーゴスラビアとよく知られている条約を締結することによって、スターリンはこの態度の証拠を初めて示した。表面上はこの条約は理論的で友愛的であった。実際にそれはユーゴスラビアの抵抗を強化し、さらには、ユーゴスラビアに武器と弾薬を供給するというロシアの約束によって補足された。この実行されつつあった約束を妨げたのはドイツの侵攻の迅速さだけであった。

バルカン半島の戦争の成果は、スターリンがイギリスとより緊密な関係を確立したという結果をもたらしたことだった。そのときスタッフォード・クリップスがロンドンにいたのはこの目的のために働くためであったと、ドイツは確信した。
この状況は、ドイツにとって次のような結果をもたらした。
1.ロシア軍の動きと足並みを合わせて、以前はごくわずかな軍隊を維持していた東部戦線を強化するようにドイツは強いられた。ドイツは特に、東にドイツ空軍の精鋭部隊を移動することで、自国を守ることを余儀なくされた。実際これらの部隊はイギリスに対する攻撃のためのものであった。
2.総統は、このような状況では、西側で攻撃を行う責任を負うことができないと感じていた。そのような攻撃は、ドイツ空軍全体が攻撃に専念できる場合にのみ、成功が保証された。
3.東方の新たな可能性とそれが暗示するあらゆる結果が、そろそろドイツ軍に広まってきた。ドイツは特定の状況でイニシアティブを奪われる可能性があるという点で厄介な状況にあり、そのためドイツは攻撃が起こった時にはそれを受け流すことを強いられる。これは軍事的に耐えられない。
しかしながら最大の危険は、1941年のうちに(1942年まで)戦争が決定されるに至らなかったとすると、ロシアが物質的な強さを増すことの他に、イギリスもまた物資を積み上げるかもしれない可能性にある。ロシアの部隊の、ドイツ東部の国境への移動に関する限り、この数週間で状況は大きく悪化してきた。ドイツもまたより多くの数の部隊を東部に派遣することを強いられ、彼らの有益な活動の効果を損ない、訓練をさえぎって恒久的な警戒状態に置き続けることになる。

部隊の集中というこの結果は、ドイツはなんらの理由を与えられていない。現在ドイツは防衛策を採るため遅まきながら試みなければならない。それを怠ることは政治的あるいは経済的に正当化することができない。このようにして国境の両側に部隊の集中が起こったことは明白であった。このような状況は緊張と紛争の可能性で満たされていた。いまにも爆発が起こるかもしれない。

ドイツ国民の総統かつドイツ国防軍最高司令官として、彼はその状況で準備を確実にするためあらゆる手段を採っていた。ドイツ国とその同盟国の将来を脅かす可能性のあるサプライズを排除するため、その最前線として彼はルーマニアも計算に入れていた。もしこの衝突が起こるべきであれば、欧州の運命は危機に晒されることが明らかだった。

しかしながら、イギリス人の慣習とは対照的に、総統は決してイオン・アントネスクに助けを求めなかった。もしドイツが、先に言及した措置を講じることを強いられなければならないならば、ドイツ国防軍は歴史の上でいつも存在していたこの上ない装備を持つだろうし、確かに有利な決定を通じて戦うことだろう。総統がルーマニアに期待していたのは単に、ルーマニア自身の利益の範囲でこの紛争の成功を容易にするためすべてをやることである。紛争後にルーマニアが補償を受けることになっても、ドイツに関する限り、領土的な制限はないと、総統は今でもアントネスクに保証することができる。

この説明に続き、総統は地図の助けを借りて、フィンランドからルーマニア国境まで、個々の防衛区域それぞれのロシアの結集を説明した。(以下省略)

 

 

ソビエトと世界革命(その2・完結)

 

ソ連大使ウィリアム・C・ブリットの、1935年7月19日付報告書の翻訳です。

Foreign relations of the United States.... | Hathi Trust Digital Library(p.224~227)
機械翻訳を利用した個人的な訳ですので誤訳によって生じた損害の責めは負いかねます。おおよその内容を把握するためのものとしてご利用ください。

 

 

・・欧州の怨恨の全面的な和解、とりわけドイツとフランスの和解ほど、ソビエト政府が恐れているものはない。とにかくできる限りの会議に出席し首を突っ込もうとのソビエト政府の欲求の手掛かりは、欧州諸国間の実質的な合意を妨げようとの願望にある。この方針の理由は二重である。(a)欧州の和解は、ウクライナを得ることによって、ドイツが必要としている経済的販路を獲得することの許諾に基づくかもしれない、とソビエト連邦は恐れている。(b)共産主義の視点から、欧州における戦争は必然的であり、究極的に願わしいと考えられている。ソビエト連邦は準備ができておらず、今年か来年に欧州戦争が起こるとドイツ・ポーランド・日本によるソビエト連邦への同時攻撃とともに世界大戦に発展する恐れがあるので、ソビエト政府は現時点で欧州の戦争を恐れている。しかしながら赤軍の準備が整い、ソ連の鉄道が再建されるまで欧州の戦争を延期できれば、ソビエト連邦はそのような戦争に首尾よく介入できるだろうし、戦争と、それに続く欧州諸国での革命の結果として設立される共産党政権を、保護し強化することができるであろう、ということがソビエトの指導者達の確信である。もし欧州が分裂したままであれば確実に来る戦争を、延期し、そして欧州を分裂させたままにしておくことが、ロシアの欧州政策の実体である。

 

この政策に由来する行動の最も顕著な例は、仏ソ相互援助条約の締結であった。ソビエト政府がこの条約の締結を希望する根本的な原因は、フランスがドイツとの和解を歓迎するかもしれないという懸念にあった。フランスとドイツの間の憎しみの炎を明るく燃えるように保つことは、ソビエト連邦の重要な関心事とみなされている。

 

ソビエト政府のただひとつの悪夢は、もちろん、もし日本が極東で攻撃したなら、ドイツとポーランドが西方で攻撃するだろうとの恐れである。日本に対するソビエト連邦の政策もまた明確である。彼らは:(1)極東にできるだけ大きく効果的な戦闘力を構築すること。(2)日本に攻撃させないよう最低限の譲歩をすることで、可能な限り長く戦争を避けること。10年以内にソ連は日本よりもはるかに強力になるので、メキシコが米国を攻撃するように、将来ずっと日本はソ連を攻撃することができなくなる、というのがソビエト政府の確信である。だが、極東地域のシベリアが日本の攻撃に対して首尾よく防衛をなしうるかどうか、ソ連の指導者達の内心に少なからぬ疑念があり、そして今日はソビエト領土の割譲を伴わない限りいかなる必要な譲歩をも日本になされるであろう。

 

もちろん、アメリカが日本との戦争に関与するようになることが、ソビエト政府の心からの希望である。もしこのような戦争が起こるならば、ソビエト連邦は紛争の外にとどまり、加えて、西を経由してアメリカに軍需物資を供給し・東に日本に軍需物資を供給することで得られるかもしれない財産を取得することが、ソビエト連邦の政策になるだろう。日本との戦争に備えてソビエト連邦をアメリカの有り得べき味方として考えることは、願っていると本当のように思えてくると認めることである。ソビエト連邦は、日本が徹底的に敗北するまで、間違いなく同盟国になることを避けようとするだろうし、そしてその後、単に満州を獲得し、中国を共産化する機会を利用するだけであろう。ソビエトの指導者は日米間の戦争を熱烈に望んでおり、日本が敗北すること、その後で共産党政権が日本に設立されることに決定的な信念がある。そして日本とソビエトが、中国に共産主義を確立するために、うまく手を携えていくであろう。

 

ソビエト連邦にはアメリカの技術的効率性についての偽りない称賛があり、アメリカにおける共産主義運動はまだ全く無力であるという事実を完全に認識している。しかしながらアメリカ国民は、現代機械や現代農業の生産性の問題に対処するため十分な政治的感覚を持たないだろうし、一連の回復と危機の後、アメリカもまた共産主義の「天国」へと落ちる(あるいは昇る)であろう、と思われている。

 

要約すると、ソ連政府の目標は世界革命を生み出すことであり、今後も続くであろう。ソビエト連邦の首脳は、この革命の第一歩は、ソ連の防衛的かつ攻撃的な力を強化することでなければならないと考えている。10年内はソビエト連邦の防衛的立場は絶対的に堅固であろうし、15年以内にソ連の攻撃力は欧州に設立されるであろう共産党政権を強化するのに十分になるであろうと彼らは信じている。現在の平和を維持すること、欧州諸国を分断すること、日米間の対立を助長すること、クレムリン共産主義教皇の指示をうけて彼らを自国政府に反抗させるため、あらゆる国の共産主義者の盲目的な献身と服従を得ること、はスターリンの政策の総体である。

 

敬具 William C. Bullitt

 

 

ソビエトと世界革命(その1)

 

ソ連大使ウィリアム・C・ブリットの、1935年7月19日付報告書の翻訳です。

Foreign relations of the United States.... | Hathi Trust Digital Library(p.224~227)

機械翻訳を利用した個人的な訳ですので誤訳によって生じた損害の責めは負いかねます。おおよその内容を把握するためのものとしてご利用ください。

なお当報告書は、部分訳として過去に触れたことがあります。

合衆国とソビエト - Another View of Japan

 

 

The Ambassador in the Soviet Union (Bullitt) to the Secretary of State
Moscow, July 19, 1935.
[Received August 2.]

 

閣下:報告できることを光栄に思う。予定されたコミンテルンの会議は過去2週間、クレムリンに猛烈な議論を引き起こし、スターリンと政治局長、軍事補佐官によって、世界情勢におけるソビエト連邦の立場の全体について、議論がなされた。

 

私はこれらの議論の内容に関して信頼できる情報を持っていないけれども、私は過去数か月にソビエト連邦の指導者達と数々の会談をしてきたので、ソビエトの現在および将来の政策について、私が到達した結論に、国務省は関心を持つかもしれないと思いついた。

 

フランスが今、心に抱いている慰めとなる確信とは対照的に、世界革命を引き起こすというソビエト政府の決定は衰えてこなかったというのが私の確信である。友好国家との外交関係は、通常の友好関係ではなく”停戦”の関係としてソビエト政府はみなしている。そしてこの”停戦”は、どうあっても決定的な平和によって終結されることはなく、闘争が更新されるにすぎない、というのがソ連の指導者たちの信念である。ソビエト連邦は現時点では、あらゆる方面で平和を心から望んでいるが、この平和は、将来の戦争が準備されるであろう幸せな休息期間として見なされているにすぎない。


もしソビエト政府のこの根本原理が理解されていれば、ソビエトの内外政策について不明瞭なものはほとんど存在しない。

 

私は、ソビエト政府は世界革命の考えを放棄したとの多くの報告を国務省が受け取ったに違いないと感じており、私が前述した確信は根拠が薄弱であるように見えるかもしれない。私自身の観察が、異議なく、私の陳述の正確さを私に確信させたとしか言いようがない。私は、世界革命の必要性についての信念を表明してこなかったソ連の指導者の一人と、まだ会話をしていない。

 

たとえば、数日前の晩、私はカール・ラデックに、コミンテルンの会合で彼の共産主義の友人達が、リトビノフによる大統領への誓約を破るような振る舞い―わが国との間の外交関係の継続を不可能にする―をしないことを期待している、と言った。ラディックはぱっと立ち上がり最も激しい怒りで叫んだ。「我々はこれまでアメリカ無しに暮らしてきたし、将来もアメリカ無しに暮らし続けることができる。我々がモスクワで何をすべきかを指示することは、あなたや他の誰であっても我々は決して許さないだろう」。彼が出発するにあたり、ラデックの発言を耳にしたボルシェヴィキの古老の一人、Mikhailskyは「世界革命は私たちの宗教であることを理解しなければならない。もし我々が彼は世界革命の主張を放棄していると感じたすれば、我々は皆、突き詰めるとスターリン自身すら、厳しく責めたてるだろう」と語った。

 

暴力的ではないけれども、この手の会話を、私は数多くしてきたので、世界革命についてのソビエト政府の現在の抑制は、この目標の放棄を意味するのではなく、単に戦術的な政策であると確信している。「いったん退いて好機を待つ」

 

したがって、ソビエト連邦は防衛に有利な立場にあるが、攻撃する立場にはなく、何年もの間攻撃する立場にならないであろう。ソビエト連邦の現在の兵力は、ソビエト政府の見解では、1930年代末に実現するであろうソビエト連邦の兵力に比べて弱い。よって、不可避であるとみなされている紛争を延期するため可能なことはすべて実行されている。まったく鉄壁の攻撃をなすため、そしてスターリンが望んだならすぐに海外に介入できるように、ソビエト連邦の兵力が構築されるまでは、あらゆるところと平和を維持することがソビエト外務省の第一の目的である。

 

 

外交政策と和平

 

1941年3月15日付。ラフリン・カリーからルーズベルト宛ての報告書から一部を翻訳しました。

機械翻訳を利用した個人的な訳ですので誤訳によって生じた損害の責めは負いかねます。おおよその内容を把握するためのものとしてご利用ください。

Foreign relations of the United States ... 1941 v.4.| HathiTrust Digital Library p.90-92

 

 

 

XI—Foreign Policy and Peace.
蒋介石総統は、アメリカとソビエト連邦との関係がより緊密になることへの希望を表明した。彼の見解として、ロシア人は外交によって影響を受けたり意見を動かされることはないけれども、自分の利益に関して真剣に欲しい物があれば、彼らは通常それを手に入れる方法を見つける、と彼は示した。ロシア人はドイツとの必然的な衝突のために準備しており、アメリカの科学技術を必要としていると彼は感じた。したがって、ロシアはアメリカとのより緊密な関係を確保する努力をするであろう。

 

中国とロシアとの関係について、私は蒋と孫科から興味深い付帯的な情報を受けた。共産主義者孫文の中国での三民主義の訴えを制限することで、孫文とレーニンは合意に達した、と蒋は語った。その時以来、特に1935年以来、国民政府に対するロシアの態度は念入りに礼儀にかなっていた。ソビエト政府は皖南事変を純然たる内政問題とみなすことを明らかにした。だが彼はソビエト政府と第三インターナショナルとを鋭く区別し、後者が中国共産党の方針を決定していると主張する。ソビエト政府は単独で、日本と戦う目的のために多くの援助を提供したが、非軍事目的には一銭も提供していないと彼は述べた。

 

ロシア特使として務めている孫科は、1937年初期にロシア大使が、その後に相互援助条約を伴うであろう不可侵条約を提案したと述べた。中国政府はこの提案を利用しなかった。日本の侵略の後、孫科は相互援助条約案を復活させるためモスクワに派遣された。スターリンは彼に状況が全面的に変わったことを告げた。相互援助条約の本質は侵略を防止するためであったが今や侵略が発生し、そのような条約の締結はロシアが日本に宣戦布告するも同然であろうし、そしてロシアは行動する準備ができていない。とはいえ彼は不可侵条約を締結し、融資を行う準備ができていた。それからスターリンは、国連連盟に問題を提起するように、そして、もし連盟の主要な列強が経済制裁を用いる準備ができているならロシアは軍事制裁を適用するだろう、と彼に告げた。1938年6月、ロシアは与信枠を5千万ドルに拡張し、これは9月に5千万ドルがさらに追加された。この1億ドルは、1000機の航空機、航空スタッフ、野戦砲やマシンガンを獲得する目的に大部分が使用された。1939年9月に拡張された1億5千万ドルの最後の与信のうち、相当な金額がまだ消費されていない。

 

ソ連政府と中国共産党との関係について、スターリンは、国民政府と中国共産党との紛争は純粋に内政問題と考えていると述べた。1935年と1936年に、スターリン中国共産党に、国民政府との統一戦線を作り日本に対抗して備えることを力説した。彼は以前からずっと、ロシア型の共産主義について、中国は準備ができていないか賛成しないと考えていた。スターリンは中国内に領土的野心を持っていないこと、そして国民政府が外モンゴルで適切な権限を主張する立場になれば、すぐさまロシア人は外モンゴルの後見を手放すであろうことを、孫科に保証した。1935年のいつ頃か、日本人の傀儡になる準備ができているイスラム教徒の指導者との対立において、中国の軍服を着た2個師団の形式で、ロシア人は新疆の中国人指導者を支援した。これは国民政府を除いて、ロシアが取引をした唯一の機会だった。第三インターナショナルは現在かなり不活発であると孫科は確信していた。蒋は、日本人はいつも、どのような弱さの兆候でも利用しようとし、決然とした挙動に遭遇した時には手を引くという見方の熱心な支持者であった。アメリカが極東に適切な基地を持っていれば、日本の南方への行動の危険はないであろうと彼は確信していた。彼はグアムの強化を熱心に提案し、もちろん中国から日本への爆撃による抑止効果を大いに強調した。日本で訓練を受けたことがあったり日本人を知っていると主張する者は皆、日本はあえて蘭領東インドを占領するよりも先にシンガポールに着手するだろうし、それはインドシナ半島とタイにおける彼らの立場を強化して空軍基地と供給基地を建設してからであろう、と理路整然と話した。

 

和平または宥和政策に関しては、私は他人を介さずに直接聞いた事柄はない。通訳を務め、私と親密になった情報担当副大臣の董顕光は、「戦争にうんざりしていた」人々が政府にいたが、その線に沿って敢えて蒋介石と話をした者はいない、と私に語った。蒋介石自身は、どれほど魅力的な申し出であろうとも、日本と別個の和平をなすことはないと私に保証した。彼が参加する唯一の和平は、アメリカ人の招集の下で、アメリカ、英国、ソビエト、中国、日本によって取り決められたものになるであろう。和平の主目的は100年の平和でなければならない。彼はこの目的[結末]を達成するため、報復的ではなく寛大であるよう準備ができていた。挿話として、彼が各将軍に示す彫刻された儀式用の短剣が、このようなものを動かす処世訓であることを述べるだろう。「中国の領土が外国の支配下にある限り、軍人ににとって恥辱である」。

 

私はアメリカからのわずかな気配りと配慮に即応して、蒋介石を保持することができると思う。アメリカに対する彼の態度には、感情と利己主義が部分的に混ざっている。彼は熱烈にアメリカを、そしてとりわけあなたを賞賛する。対等ないし同盟国として扱われることは彼にとって大きな意味を持つであろう。私が到着する少し前、彼はクラーク・カーに、イギリスは中国を同盟国として扱ったことがなく、トルコに与えられた待遇でさえ中国には与えられていないと非難した。中国が民主主義国の共同の世界闘争に参加することで、中国が「民主主義」とみなされることを彼は最も懸念している。利己主義の観点から、彼は戦後復興の大事業においてアメリカの援助にほとんど全面的に頼っている。彼はこの話題に何度も戻った。彼はイギリス人に対してより強く憤る。

 

物質的な援助を与えることに加えて、中国について良いことを言うように尽力することと、現在イギリスに使われているのと同じ表現で中国に話すことが最も重要だと思う。また、心に留めておくべきこととして、戦後解決において上海国際租界の権益を放棄することは、中国の親善を劇的に向上させるであろう。蒋は条約港に深く憤慨する。


この見出しの下、もう1つの話題に言及できよう。中国行きの貨物を運ぶ船舶への封鎖を拡大するため、日本が交戦権を発動するかもしれないことを蒋は恐れている。そのような状況において、あなたがそのような権利を認めないこと、あなたが日本への禁輸を準備しようとすること、輸送のために中国に護送船団を供給すること、を彼は希望する。この問題は私の職分の範囲外であるけれども、日本が交戦権を発動するならアメリカは可能な報復措置を検討するであろうという趣旨の、賢明な「リーク」には有益な抑止効果があるであろうことを思いついた。この可能性はまた、インドとラングーンへの物質輸送の集中が望ましいことを示唆する。

 

 

広告を非表示にする

I am a juggler

 

 

1936年8月10日付 ルーズベルトから海軍作戦部長

"One obvious thought occurs to me—that every Japanese citizen or non-citizen on the Island of Oahu who meets these Japanese ships or has any connection with their officers or men should be secretly but definitely identified and his or her name placed on a special list of those who would be the first to be placed in a concentration camp in the event of trouble."

(ネット上にあった翻訳)

わたしに明確な考えが浮かんだ。日本船舶・乗組員に接触するオアフ島日系人の身元を極秘に洗い出し、有事に際して強制収容所に最初に送り込む特別リストに氏名を記載しておくべきだ。

 

 

1942年5月15日 ルーズベルトの発言

"You know I am a juggler, and I never let my right hand know what my left hand does…I may have one policy for Europe and one diametrically opposite for North and South America. I may be entirely inconsistent, and furthermore I am perfectly willing to mislead and tell untruths if it will help win the war."

(ネット上にあった翻訳)

私はジャグラー(曲芸師)なのだ。右手と左手が全く別々の動きをする。 たとえば欧州向けに特定の政策があっても、 北米や南米では全く正反対の政策を平気で実施することができる。 私は矛盾だらけで、ミスリードだってする。戦争に勝つためなら嘘だってつく。

 

 

America's Retreat From Victory : Internet Archive p.44

The government at Chungking was our ally. We had come through a long, hard war together. It was we who had encouraged Chiang to resist, to treat with scorn the entreaties of the Japanese that China fall out of the war so that the combined forces of Asia could fall upon the Americans in the Pacific and the Far East. We owed much to Chiang.

(本原俊裕訳『共産中国はアメリカがつくった』p.137)

重慶政府は私たちの同盟者だった。私たちは長く辛い戦争をともに戦った。蒋介石に対して、アジアの兵力を結集して太平洋や極東の米軍をたたくために中国は戦争をやめるべきだという日本の申し出に抗い、無視せよと勧めたのは私たちだ。私たちは蒋介石に大きな借りがある。

 

 

ソ連の北方四島占領、米が援助 極秘に艦船貸与し兵士訓練も  - Yahoo!ニュース

1945年8、9月に行われた旧ソ連軍による北方四島占領作戦に、米国が艦船10隻を貸与していたことを、根室振興局が米国とロシアの専門家による研究成果などを突き合わせ、明らかにした。米国はソ連の対日参戦に備え、大量の艦船の提供だけでなく、ソ連兵の訓練も行っており、米国の強力な軍事援助が四島占領の背景にあったことが浮かび上がった。

Project Hula - Wikipedia

 

 

広告を非表示にする