Mass Rape of German Girls

 

機械翻訳を利用した個人的な訳ですので誤訳によって生じた損害の責めは負いかねます。おおよその内容を把握するためのものとしてご利用ください。

 

Congressional Record (Bound Edition)

Volume 91, Part 6. p.7595. (PDF:526MB)

 

 

1945年7月17日

Mass Rape of German Girls

イーストランド氏:議長、6月29日、公正雇用慣行委員会への支出に反対するスピーチの中で、最近私が欧州にいた時、二千から五千の良家のドイツ人少女達が駆り集められてシュトゥットガルト市の地下鉄内に置かれ、そこで仏国のセネガル兵ないし黒人兵によって犯罪的に暴行されたと、階級の高い将校らから知らされたことを述べた。私はさらに、それらの兵士は米兵の制服を着ていたので、その地域のドイツ住民はそれらの兵士は米兵だったと考え、それによって米国の名声が損なわれたと述べた。

 

数日後の7月6日、ドイツ・フランクフルト・7月6日付、ロイターの記事がこの国で新聞に載った。私は記事を読んだ。


セネガル兵とベルベル兵がシュトゥットガルトの地下鉄で、数千人のドイツ人女性を駆り集めて強姦したという報告を問い合わせた後、合衆国第6軍の本部は今日、そのような事件が起こらなかったことを調査が示したと発表した。

今日ここで発表された声明は、「いついかなる時にもシュトゥットガルト内、またはその近くにいたかもしれない仏兵団や下位部隊を連れた米軍連絡将校は全員、知っている限り、申し立てられたような事件は起きなかったと明言する報告書を第6軍司令部に提出した」と述べる。
ドイツ人女性が暴行されたという報告は、上院議員のジェームズ・イーストランドが欧州を訪問した後の先週、合衆国上院議員に、高位の米軍将校からこの事件を知らされたと伝えたことによる。

 

ウィーラー氏:議長、私が発言してもよろしいか?


イーストランド氏:譲ります。


ウィーラー氏:私が欧州にいたとき、この問題に関して、一人ではなく、二人の将官の陳述を私は聞いたと言わせてください。私は将官の名前を公開しようと思わないけれども、そのうち一人は、確かに我々一団の全員に語った・・・


イーストランド氏:モンタナ州選出の上院議員は代表団の座長でしたか?

 

ウィーラー氏:私は、共に同行した代表団の座長でした。我々は4人だった。

 

イーストランド氏:それは、私がメンバーだった代表団とは異なる代表団ですね。

 

ウィーラー氏:はい、別の代表団でした。将官と話をしていたある上院議員が、私を呼び寄せて「これを聞いてほしい」と言った。将官は我々にその話をした。彼が、それら関係者をアフリカ人だったと語ったのか、それともグミエ [モロッコ人兵士] 、あるいはセネガル人だったと語ったのか、よく分からない。それに率直に言うと、私はグミエとセネガル人の違いが分からない。彼らが違う人種なのか、どんな人々なのか。今思い出すと、その将官は二千人の女性がトンネルの中で列をつくったと言っていた。一団に参加していた上院議員の一人は、五千人がいたと理解した、と言った。けれども、将官が、ドイツ人の医師、とても立派なナチスではない医師が、この経験をしたとも述べたことに間違いはありません。男たちは、医師の娘や妻を強姦している間、その医師を壁を背にして立たせて彼に見させた。2人の娘がいたのか3人だったか忘れてしまったけれども、男たちは娘と妻をつかまえて、一列に並べて強姦した。


あるいは、その話を我々にした将官は、自分が何について話しているのか分からなかったのかもしれないが、それは、私だけにではなく、一団の上院議員らに、彼がした陳述である。イタリアでも同じようなことがあったと、とても地位の高いイタリア人達から聞いた。誰がその陳述をしたのか話すつもりはないけれども、この話はイタリアの高名な人々によって結び付けられた。

 

イーストランド氏:議長、ここで申し上げたいのは、私は、イタリアでの1944年7月5日の出来事につき同じ情報を受け取ったということです。

 

ウィーラー氏:第6軍関係者がなした陳述に鑑みて、どうして第6軍が否定するのか私には理解できない。私は、送られてきた否定する声明が、第6軍の上層部から来たと信じることができない。

(以下省略)