Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

1960年の分析

A・ドーク・バーネット氏の、1960年に出版された書籍から引用しました。

Communist China And Asia Challenge To American Policy : Internet Archive

(注)以下は機械翻訳を利用した私訳です。あくまで参考にとどめてください。

 

(255ページ)

Ever since the Chinese Communists came to power in 1949, they have regarded Japan as a major target in their efforts to expand Communist influence in Asia. [...] Japan in the Far East, like Germany in Central Europe, occupies a key position and represents a major obstacle to the spread of communism.

1949年に権力を掌握して以来、中国共産党は、アジアに共産主義の影響を拡大するための努力の中、日本を主要なターゲットとみなしてきた。(中略)中欧のドイツのように、日本は極東で重要な地位を占めており、共産主義の普及の大きな障害となっている。

 

(287ページ)

The decline of Chinese influence in Northeast Asia brought little gain to the Koreans, however, for both Russia and Japan competed to replace China as the dominant power. At the end of the Sino-Japanese War of 1894-1895 Japan compelled China to recognize Korea's complete independence. Ten years later, after the Russo-Japanese War, it forced the Russians to acknowledge Japan's "paramount political, military, and economic interests" in Korea, and, with their hands freed by this double victory, the Japanese first established a protectorate over the peninsula and then finally annexed it in 1910.

 

中国の北東アジアにおける影響力の低下は、韓国人にはほとんど利益をもたらさなかったが、ロシアと日本は支配的な権力として中国に取って代わろうと競争した。1894-1895年の日清戦争終結後、日本は中国に韓国の完全な独立を認めさせた。10年後の日露戦争後、日本は韓国における「政治的、軍事的、経済的優越権」をロシア認めさせ、この2回の戦勝によって自由になった日本は、まず半島を保護領とし、そして結局1910年に併合した。

 

(297ページ)

With the notable exception of Thailand, the entire area was dominated by Western colonialism until World War II. Then Southeast Asia was conquered by Japan, and the Japanese occupation helped to shatter the structure of Western colonial power, giving added impetus to the growing strength of anticolonialism and nationalism. By the end of the war nationalism had become the dominant political force in South and Southeast Asia, and within a very few years after the war most of the nations in the region had achieved their independence, leaving only a few pockets of colonial rule.

 

タイを重要な例外として、第二次世界大戦までは全域が西洋の植民地主義に支配されていた。東南アジアは日本に征服され、日本の占領は西洋植民地統治の構造の打破に役立ち、反植民地主義ナショナリズムの高まりに拍車をかけた。終戦までに、南・東南アジアではナショナリズムは支配的な政治力となっていた。戦後数年のうちに大部分の国家は独立を達成し、植民地統治はわずかな地域にだけ残っている。

 

広告を非表示にする