Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

ソビエトの実情と採るべき対ソ政策(その2・完結)

 

ソ連大使ウィリアム・C・ブリットの、1936年4月20日付報告書の翻訳です。

Foreign relations of the United States.... | Hathi Trust Digital Library (p.291~296)

機械翻訳を利用した個人的な訳ですので誤訳によって生じた損害の責めは負いかねます。おおよその内容を把握するためのものとしてご利用ください。

 

 

つぎにソビエト政府と世界共産主義運動について、アメリカの政策はどうあるべきか!我々は、ソビエト政府や共産党共産主義者と、真に友好的な関係を確立することが可能であるという錯覚を、一瞬でも心に抱くべきではない。

 

我々はソビエト連邦との外交関係を維持すべきである。なぜならソビエトは現在、最も大きな列強のひとつであり、ソビエトと欧州・中国・日本との関係は非常に重要であるので、モスクワで何が起きているのかがわからないと我々は知的に対外関係を処理することはできない。さらには外国人から真実を隠そうとする努力にもかかわらず、モスクワではソビエト連邦と世界共産主義運動について、かなりの情報を得ることができる。


我々は、ソ連と日本の極東における戦争を妨害するため、静かに影響を与えるべきである。戦争への道徳的な反対のためだけでなく、戦争が起これば誰かが勝つかもしれないからである。万一ソビエト連邦が勝つならば中国の共産化は避けられないであろう。万一日本が勝つならば中国は完全に日本の影響下に置かれるであろう。もし日本とソ連との間に戦争が起きれば我々は介入すべきでないけれども、勝者なく終結するように、ソ連と日本の極東におけるバランスを破壊しないように、中国が独自の発展のため少なくともいくらかの機会を持ち続けるように取り計らうため、戦争の終結に向けて影響力と力を行使すべきである。

 

我々は、欧州の外交代表者に対し、あらゆる個人的な会話の機会を利用して、フランスとドイツの敵対が続くことの危険性を指摘し、フランスとドイツの和解を促進するよう指示するべきである。


我々は1935年7月13日の合意に関連させた種類の直接交渉によって、ソ連との貿易の促進を試みるべきである。しかしながらソビエト連邦との貿易がいつか安定したり永続するかもしれないという幻想を我々は持つべきでない。政治的な理由から今すぐにでも切断される可能性がある。したがって、ソ連にローンや長期貸付を行うべきではなく、ソビエト市場の生産のために高価な機械を設置することに反対してアメリカの実業家に助言すべきである。


ソビエトとアメリカの製品は、年を追うごとに、補完性が減って競争が増すであろうことに気付かねばならない。ソビエトの石油と穀物は、我々の石油と穀物とますます競合するだろう。ソビエトの新たな綿花プランテーションが生産性を向上させるにつれて、我々の綿花のロシア市場は減少するであろう。ロシア製造業の品質と生産性が向上し、最高品質の複雑な機械を製造できるようになるまで、我々の機械のための市場は拡大するかもしれない。数年の間、我々は、ソビエトから購入するよりも多くをソビエトへと売ることができるかもしれないけれども、長期的には共産主義者によって貿易の均衡を主張されることになるだろう。もし今日よりもより多くを購入する用意が我々になかったならば、我々は今日売っているほど売ることができなくなるだろう。


我が連邦政府は、アメリカの共産党の構成員について。そしてアメリカの共産主義者と、ソビエト外交、領事、ソビエト政府の代理人、アメリカ共産党代理人との間の関係について、内部に周知すべきである。アムトルグ貿易会社、インツーリスト、ソ連対外文化協会[VOKS]、国際赤色救援会、などについても。


我々の国内政策においては、アメリカのみならず他の世界のあらゆる国々でも、共産主義を打ち倒すことができる決定的打撃が1つあるという認識に基づいて行動すべきである。確信している共産主義者の最終的な弁論は常に、あらゆる闘争、殺人、突然死、あらゆるスパイ、国外追放、そして銃殺刑の執行隊が正当化されている。なぜなら共産主義独裁政権は、現代の経済機構が最高速度で走ることを可能とし、満たされていない購買力を常に見つけることを可能にする唯一の方法である一方、我々のシステムにおける国民所得の偏在は、必然的に周期的に起こる危機と失業を引き起こすからである。(ワシントンのブルッキングス研究所の最近の結論は、奇妙な話だが、危機の原因については同じである)。もし我々が、そのような我が住民大衆の購買力の継続的な増加を達成することができれば、可能な限り最大限の生産が需要を見いだすことができ、共産主義者のたったひとつの有効な口実が消滅するであろう。我々の田畑や工場の生産物に対する有効な需要があるようにするため、我々の国民所得のはるかに大きな割合を少ししか持たない者の所持金に変えることは、したがって、民主主義の国民の道徳的な義務であるだけでなく、共産主義信仰のたったひとつの理論的正当化を破壊する最も確実な方法でもある。


ソビエトとの関係における当面の基本方針は忍耐強くなければならない。今日のアメリカの共産主義運動は潜在的な危険を構成するけれども、実際の脅威ではない。我々はそれについて興奮する必要はない。ソビエト連邦との政治的関係は否定的であるが、我々の貿易は増加している。ソビエト外務省では嘘が正常で真実が異常であり、ある者が嘘と信じる幸せな決めつけによってある者の知性が侮辱されているため、ソビエト外務省との会話は困難だ。しかしながら、まさにそのような困難のために忍耐と外交官が存在する。


我々は多くを得ようと期待すべきでないし、何もかも得ることを諦めるべきでもない。ソビエト連邦の気まぐれと同様に、我々は安定した心構えであらねばならない。我々は、大気が良好な時に得られるものを取るべきであり、風が逆に吹いている時にはそれを保持するため全力を尽くすべきである。心の広い友情の告白に直面しても無感動のままでいるべきであるし、ちょっとした陰険な妨害に直面しても狼狽すべきでない。我々の利益に最も適した方向で、我々の影響の重さを長きに渡って着実に感じさせるべきである。決して脅かすべきではない。我々は行動し、我々の行動の原因について、ボルシェビキに独自の結論を導き出させるべきである。


とりわけ、実務的な能率、誠実さ、率直で正直であるというアメリカ人の評判を、我々は守るべきである。我々は決してソビエト連邦にスパイを送るべきではない。武器が無ければ同時に警戒心を鎮め、真の誠実として共産主義者との関係に効果的である。彼らはそのことについてまるでわかっていない。

 

敬具 William C. Bullitt