読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

東南アジアの大戦期の歴史

Asia Sentinel、2015年9月2日の記事から一部を抜粋しました。

機械翻訳を利用した私訳です、参考にとどめてください。

China Rewrites Southeast Asia’s WWII History for the Big Parade - Asia Sentinel

 

The outpouring of Chinese propaganda about its self-proclaimed victory over Japan 70 years ago has drowned the actual history of Asia during World War 2. China, well supported by western media, likes to believe that the whole of Asia was united in its opposition to Japan’s war against the US, Britain and China. Nothing could be further from the truth.

70年前に日本に対して自称、勝利したことについての、噴き出す中国のプロパガンダは、第二次世界大戦中のアジアの現実の歴史を溺死させた。西側メディアの支持を得ている中国は、日本の戦争(対、米・英・中)に対抗する中でアジア全体が統一されたと信じたい。それは事実とまったく異なります。

 

Elsewhere the Japanese at first were highly regarded, as they claimed, as liberators of Asian peoples from the yoke of western colonialism. Despite Japan’s own colonial activities in China and Korea, this had a strong appeal. Nationalists sought to further their own goals by cooperating with the Japanese, at least in the first instance.

(タイ国を除いた) 他の地域では、日本人は当初、彼らが主張したように、西洋植民地主義支配からのアジア人の解放者として高く評価されていた。中国や韓国における日本自身の植民地活動にもかかわらず、これは強い魅力を持っていた。ナショナリストは、少なくともまず第一に、日本人と協力して自分の目標を進めようとした。

 

In the Philippines many leading families and politicians collaborated with the Japanese even while most of the government of President Quezon went into exile in the US.

フィリピンでは、ケソン大統領政府の大半が合州国に亡命中している間ですら、多くの有力な一族と政治家が日本人と協力していた。

 

In Indonesia, nationalist leader Sukarno welcomed the Japanese and cooperated with them throughout the war, including helping them recruit Javanese labourers for work overseas – many of whom died. Japanese food requisitions caused food shortages in Java.

インドネシアでは、ナショナリストスカルノは、日本人を歓迎し、ジャワの労働者を海外に派遣するのを手助けするなどして―その多くは死亡した―、戦争の間ずっと彼らと協力した。日本の食糧需要はジャワ島の食糧不足を引き起こした。

 

In Malaysia and Singapore, resistance to the Japanese was almost entirely an ethnic Chinese affair and seen as part of a wider war against Japan. Malay leaders kept a low profile. The anti-Japanese leader, Chin Peng, was decorated by the British but went on to lead the 1948-1960 Communist insurgency which was nominally nationalist but had little support from the Malay majority.

マレーシアとシンガポールでは、日本人に対する抵抗はほぼ全面的に華僑の出来事であり、日本に対する広範な戦争の一部として見られた。マレー人のリーダーは目立たないようにした。反日のリーダー、陳平は、イギリス人に叙勲されたが、名目上はナショナリストとして1948-1960年に共産ゲリラを指揮し続け、それにマレー人の多数派からの支援はほとんどなかった。

 

In Singapore, the young Lee Kuan Yew worked for the Japanese news agency before becoming useful to the British – two relationships still not fully understood.

シンガポールでは、若かったリー・クアンユーは、英国人にとって有用になる以前に、日本の通信社で働いた。2つの関係はまだ完全には理解されていない。

 

*記事にはこの他、タイ・ビルマ・インド・韓国・満洲・台湾への言及があります。