Another View of Japan

歴史問題の反論に使える・・かもしれない、資料を集めるブログです。

重慶爆撃(後半)

機械翻訳を利用した個人的な翻訳です。誤訳の責めは負いかねます。

 

 

J. SERVICE:だがそれにもかかわらず、我々は観察しようとした。そして飛行機が迫っていたなら我々は避難所に潜った。もし避難所を持っていたなら近所の人も入れてあげる必要があった。多くの貧しい人々や、避難所を建設できなかった普通の人々がいた。だから避難所を持っていたなら、施設の見学日を設けなければならなかった。
ある日、我々が避難所に行くと、明らかに具合が悪そうな子供を抱いた女性に気づいた。私は子供のどこが悪いのかを、彼女に尋ねた。母親は身振りをした。「喉の具合が悪い」。それはおたふくかぜだった。それで、その後しかるべき時に私は病気になった。我々には砲艦から来た海軍の医者がいた。「見事なおたふくかぜです。丘に上がってください」。私はその頃、丘の上に住んでいた。「丘に上がって椅子に腰かけて」。
丘の上にある椅子に腰かけたのは、その時だけだったと思う。「安静にしていてください。起きてはいけません。まわりを歩かないように」。
そうして私は上った。中国南部でよく使われているマットはマットレスとシーツで寝るよりもはるかに涼しかったので、中国人に頼んで手に入れ、それで寝た。私はマットを広げて、その上で2週間を過ごした。 医者は決して私に会いに来なかった。


LEVENSON:症状が重かった?


J. SERVICE:それほど。何度か夜間空襲があった。なので病気で安静にしているのは必ずしも快適ではなかった。けれども警報が一日中あった日には、大使館の職員が丘上の小屋まで来てくれた。彼らはやってきて、あの上で働くことができた。ほとんど職員全員が上がってくる。苦力がタイプライターを2~3台、運んできた。警報が長引いた時、我々はその上で何度か仕事をした。街全体の動きを止めるため、日本は2~3時間ごとに少数の飛行機を送ってくる。食糧を地方から入荷することができなかった。市民は避難所にとどめ置かれる。


LEVENSON:火災はどうしたのか。

J. SERVICE:ああ、ひどい火事、もの凄い火災。

LEVENSON:彼らは合理的な消防システムを持っていましたか?

J. SERVICE:まあ、とても貧弱、ひどく旧式。第一、水がなかった。川は200フィート下だったので、大量の水を得るのは非常に困難だった。爆弾は頻繁にそこにある水道を破壊する。本管も、導管も。彼らの水道はまったく不十分だった。
なので防火帯を作って延焼を防ごうと、頻繁に建物が取り壊された。火災を鎮火するためにできることは多くなかった。戦争が終わるまでに、重慶は全て、何度か再建された。その多くは竹や小枝を編み合わせた一種だった。ご存じのように、彼らは竹を割ってむしろを編み、その上に壁土を塗った後、漆喰や白漆喰を外側に薄く塗る。これらはとても早く全焼する可能性があるけれども、だから彼らはとても早く建てることができた。


LEVENSON:連絡はどうしたのか。機能する電話システムはありましたか。

J. SERVICE:あった、けれどもとても貧弱だった。我々は市内に電話することができたけれども、空襲があった時にはそれもまた故障の対象だった。けれども電話があった。私が若かった頃の成都ほど酷いものではなかったが、大差なく、それでもあちこちにメッセージを送った。我々には、苦力や、手紙を運ぶことに時間を費やしている人がいた。時々それはより信頼性が高く、時には特使が手紙を送るのと同じくらい早かった。

我々は外国人のオフィスと、例えば電話で、あまり仕事をしようとはしなかった。大使と会う約束を取り付けるなど、そういった事は電話で行うことができた。けれども何か業務を行おうとするなら座って電話を掛けることはしなかった。相手を訪ねて面会した。


LEVENSON:中国の日本の占領地域と、重慶との、無線連絡は良好でしたか。

J. SERVICE:彼らは小さな無線機を持っていた。彼らはそれを、あちこち移動させる必要があっただろうと思う。日本人と身近である漢口のような地域では、おそらく小型の運搬できるものを持っていただろう。ご存知のように、自転車をこいで、それを作動させることができた。それは彼らがしょっちゅう行った方法だった。漢口のような都市では彼らは家の電源を持っていたかもしれない。無線がどこか別の地点に、その後もっと先へと、中継されたことは間違いない。


LEVENSON:あなたが電報の送信について語るとき、信頼できる電信や無線のサービスはあったのでしょうか。

J. SERVICE:我々は海軍を使った。海軍が砲艦を持っており、無線のためが砲艦の目的のひとつだった。我々はフィリピンを経由していた。中国の商業電信を使っていたかどうか、私はまったくわからない。あの時それを使ったことがあったか、思い出せない。全てが海軍経由だったと思う。砲艦が移動させられたとき、我々は海軍の無線スタッフを引きとめた。彼らはとどまって地上に事業所を設立した。